文字サイズ

2人に1人─日本人の男女が一生涯にがんに罹患する確率

2人に1人─日本人の男女が一生涯にがんに罹患する確率

日本人が一生のうちにがんにかかるリスクは、男性62%、女性46%。つまり、2人に1人ががんにかかるというデータがあり、もはや他人事とはいえません。とはいえ、大切なことは健康寿命より先にがんにかからないことです。がんの原因の多くには生活習慣や環境が深くかかわっており、がんになる確率も大きく異なることがわかっています。それらを改善することががん予防の第一歩です。

「2人に1人ががんにかかる」とは、将来のリスクを示したもの

「今や日本人の2人に1人ががんにかかる時代」──そんな記事や報道を見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか。その根拠となっているのが、「生涯累積がん罹患リスク」(2013年データ)で、生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性46%と示されています。

このように聞くと、「全人口の半数もの人ががんと診断されているというのは、多すぎるのでは?」と、疑問を持つ人もいるでしょう。そこで、生涯累積がん罹患リスクについて解説します。

生涯累積がん罹患リスクとは、一生のうちにがんに罹患する(がんと診断される)おおよその確率のことをいいます。もう少し詳しく言うと、0歳の人100人からなる集団を想定し、その集団を生涯追いかけた場合に、100人中何人ががんに罹患するかを、「生命表法」(平均寿命の算出方法と同じ)という計算法で数理的に算出した確率です。つまり、今現在の人口のうち何%ががんと診断されているかを示しているわけではなく、“将来のリスク”を示したものです。

高齢社会では、がんは誰にでも起こりうる病気

40歳までにがんと診断される確率は、男性が1%、女性が2%程度とさほど高くはありません。しかし、その確率は男女ともに50歳代から増加し、80歳までには男性42%、女性29%ががんと診断されると推計されています。

また、がんで死亡する確率は50歳までは男女ともに1%程度ですが、こちらも年齢とともに高くなる傾向にあり、80歳までには男性15%、女性9%。生涯では、男性25%、女性16%となり、男性は4人に1人、女性は6人に1人ががんで亡くなると推計されています。すなわち、生涯で2人に1人はがんと診断され、男性ではそのうちの半分が、女性では3人に1人ががんで亡くなる、ということになります。このように、がんというのは高齢になるほどかかる確率が高まることから、高齢化した現代社会では、誰にでも起こりうる病気だといえるでしょう。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。