文字サイズ

急性骨髄性白血病1.7倍─たばこを吸わない人と比較した喫煙者のリスク

急性骨髄性白血病1.7倍─たばこを吸わない人と比較した喫煙者のリスク

喫煙は、肺がんをはじめ多くのがんの原因となることが知られていますが、実は、治療が難しい「急性骨髄性白血病」のリスクも上昇させることがわかっています。たばこを一定量以上「吸う」人のリスクは、非喫煙者の約1.7倍となるため、急性骨髄性白血病の予防においても、禁煙することが非常に重要です。

日本人を対象とした研究でも、喫煙と白血病の関連が明らかに

「喫煙が白血病の発症にも関係する」と聞いても、ピンとこないという人も多いかもしれません。ところが、日本人を対象とした研究結果から、たばこを一定量以上「吸う」人は、「吸わない」人と比べて、急性骨髄性白血病のリスクが明らかに上昇することがわかりました。

以前から、国際的評価では、喫煙が急性骨髄性白血病の確実なリスクであることは明らかになっていました。しかし、喫煙と急性骨髄性白血病の関連について、日本人を対象とする大規模な研究はこれまでほとんど行われていませんでした。

そこで、愛知県がんセンターなどによる研究チームでは、日本の9つのコホート研究*1のデータを合わせたプール解析*2を行い、喫煙と急性骨髄性白血病のリスクの関連を調べました。

*1 コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

*2 プール解析…複数の研究データを、あらかじめ定めた共通のルールにのっとって解析するもの

喫煙者の急性骨髄性白血病のリスクは非喫煙者の1.67倍

この調査では、開始時に喫煙習慣について尋ね、たばこを「吸わない」グループ、「やめた」グループ、「吸っている」グループの3つに分けました。さらに、「やめた」グループと「吸っている」グループを喫煙指数(たばこを1箱20本として、1日当たりの喫煙箱数と喫煙年数を掛けあわせた値)によって2つのグループに分けました。そして、年齢や性別、居住地域、肥満指数の偏りが結果に影響しないように考慮したうえで、喫煙と急性骨髄性白血病との関連を検討しました。

その結果、喫煙指数が30以上のグループは、たばこを「吸わない」グループと比べて急性骨髄性白血病のリスクが1.67倍となりました。男性だけでみた場合も、喫煙指数が30以上のグループのリスクは1.69倍に上昇していました。一方、女性に限った解析結果では、喫煙者や罹患者の数が少なく、はっきりとした関連性はみられませんでした。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。