文字サイズ

10年間に肝がんを発生する確率─肝炎ウイルス感染や生活習慣が影響

10年間に肝がんを発生する確率─肝炎ウイルス感染や生活習慣が影響

肝がんは、ほとんどが肝炎ウイルス(特にC型肝炎ウイルス)の持続感染によるものですが、生活習慣の違いによっても発生する確率が変わってきます。そこで、年齢や性別、肝炎ウイルス感染、生活習慣などの8つの因子によって、10年間に肝がんを発生する確率を予測できるツールが、国立がん研究センターによって開発されています。自身の生活習慣を見直すきっかけとして、利用してみましょう。

簡単な計算で肝がんの発生確率を予測できる

日本人の肝がんの原因は、その多くが肝炎ウイルス、なかでもC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染によるものであることがわかっています。一方で、肝がんのうちの約15%は肝炎ウイルス以外が原因であることも報告されています。肝炎ウイルス以外の肝がんの危険因子としては、飲酒や肥満、糖尿病といった生活習慣に関連する要因が挙げられます。

これらを踏まえ、国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループでは、肝炎ウイルスの感染の有無と生活習慣因子から、10年間で肝がんを発生する確率を予測するスコアシートを開発しました。

これは、肝がんの発生リスクとの関連が明らかになっている、あるいはその可能性が高いと考えられる因子である「飲酒習慣、BMI、糖尿病、コーヒー飲用習慣、B型肝炎ウイルス(HBV)感染、HCV感染」に、「年齢、性別」を加えた8つの因子を用い、簡単な計算で肝がんの発生確率を予測できるものです。

【ステップ1】
8つの因子の各項目について、該当する点数を求めます。

年齢 40~49歳 0点 計  点
50~59歳 2点
60~69歳 3点
性別 女性 0点 計  点
男性 2点
飲酒習慣(*1 飲まない 1点 計  点
以前飲んでいた 1点
飲む(週に150g未満) 0点
飲む(週に150g以上450g未満) 0点
飲む(週に450g以上) 2点
BMI(*2 25kg/m2未満 0点 計  点
25kg/m2以上 1点
糖尿病(*3 なし 0点 計  点
あり 1点
コーヒー飲用習慣 飲まない 0点 計  点
週1回以上、毎日は飲まない 0点
毎日1杯以上 -1点
HBV感染(*4 陰性 0点 計  点
陽性 4点
HCV感染(*4 陰性 0点 計  点
陽性 6点

【ステップ2】
8項目の点数を合計します。

合計

【ステップ3】
合計点数から、10年間で肝がんが発生する確率予測が導き出されます。

合計点数 10年間における発生確率 合計点数 10年間における発生確率
-1点 0.1%未満 10点 2.9%
0点 11点 5.4%
1点 12点 9.8%
2点 13点 17.5%
3点 14点 30.2%
4点 15点 49.0%
5点 0.1% 16点 71.6%
6点 0.2% 17点 90.5%
7点 0.4% 18点 98.8%
8点 0.8% 19点 99.9%
9点 1.6%    

*1 飲酒量は、アルコールの種類(濃度)も考慮して週当たりのエタノールの総量で表します。以下の表には、1週間でエタノール量が300g近くになる飲酒量の目安を示しているので、参考にしてください。

お酒の種類
(単位量)
単位あたりの
エタノール量(g)
一日あたりの
合(本・杯)数
毎日飲んだ場合の
週当たりのエタノール量(g)
日本酒(1合、180ml) 23 2合 322
ビール(大瓶、633ml) 23 2本 322
ウイスキー(シングル、30ml) 10 4杯 280
ワイン(グラス、60ml) 6 7杯 294
焼酎・泡盛(原液1合、180ml) 36 1合 252

*2 BMI=体格指数。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出

*3 「糖尿病あり」は、糖尿病の既往がある人、血液検査で血糖値が100mg/dl以上(空腹時)または140mg/dl以上(空腹時以外)だった人

*4 HBV=B 型肝炎ウイルス、HCV=C型肝炎ウイルス

(国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループ「10年間で肝がんを発生する確率について-危険因子による個人の肝がん発生の予測-」より作成)

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。