文字サイズ

がん予防には「1日60分の歩行か身体活動」+「週に60分の運動」を

がん予防には「1日60分の歩行か身体活動」+「週に60分の運動」を

厚生労働省の平成29年「国民健康・栄養調査」によると、20歳以上で運動習慣のある人の割合は、男性35.9%、女性28.6%。年齢別にみると、その割合がもっとも低いのは、男性では30歳代(14.7%)、女性では20歳代(11.6%)となっていました。
このように大半の日本人が運動不足ですが、日常的によく体を動かす人ほど、がんになるリスクが低くなることが示されています。日常生活で無理なくできる運動を取り入れて、今よりも少しでも身体活動量を増やすことを目指しましょう。

身体活動によりがん発生リスク、循環器疾患リスク、総死亡リスクが下がる

国立がん研究センターの多目的コホート研究に、日常的な身体活動量が高い人ほど、がんの発生リスクが低くなるという報告(「身体活動量とがん罹患との関連について」参照)があります。さらに、別の研究では、身体活動量の高い人では、脳卒中・冠動脈疾患の発症リスク(「日本人における身体活動と循環器疾患との関係」参照)や総死亡リスク(「身体活動量と死亡との関連について」参照)が低くなることも示されています。

また「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」において、多目的コホート研究を含めた国内の複数の研究結果に基づき、大腸がんの発生リスクが減少するのは「ほぼ確実」、乳がんの発生リスクの減少は「可能性あり」と評価されています。

* コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

運動とがんリスクとの関係

日常的な身体活動量を増やすことにより、なぜがんの発生リスクが下がるのか、そのメカニズムはまだ解明されていません。しかし、それにはインスリンというホルモンが関係しているのではないかと考えられています。

通常、食事などで血糖値が上がると、すい臓からインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖を体内の各組織に取り込ませてエネルギー源とします。その結果、血糖値が下がるのですが、食べ過ぎや運動不足があると、血糖を下げるためにより多くのインスリンが使われるようになり、やがてインスリンが正常に働かない状態(インスリン抵抗性)になります。また、インスリンと同様の働きをするIGF(インスリン様増殖因子)という物質も増えてしまいます。

このインスリンとIGFには、がん細胞のアポトーシス(自然死)を抑制したりがん細胞の増殖を促進したりする働きがあるとされるので、これらの過剰分泌ががんリスクを上昇させると考えられます。

一方、運動を継続的に行うと筋肉の活動量が上がり、ブドウ糖が筋肉に取り込まれやすくなります。それによりインスリンやIGFの過剰な分泌を抑えることができ、がんの増殖抑制につながるのです。

さらに、運動により筋力がアップすると、基礎代謝も高まるため、肥満の予防・改善にも役立ちます。肥満は、さまざまながんのリスクを高めることで知られているため、そうした面でもがんの予防につながると考えられるでしょう。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。