文字サイズ

【はじめに】 あなたをがんから守ることができるのは、あなた自身です

胃がん予防には、まず減塩と禁煙を

今や日本人の2人に1人はがんにかかり、男性では4人に1人、女性では6人に1人はがんで亡くなる時代。WHO(世界保健機関)をはじめ、世界中の研究機関で、がん予防や、がんで命を落とさないための方法が研究されています。

わが国でも、国立がん研究センターの研究班などによって、日本の環境や日本人の生活習慣にあったがん予防法や、有効ながん検診法などの研究が行われています。

それらの研究により、がんの多くはたばこや飲酒、食事などの生活習慣の見直しによって予防できることがわかってきました。また、がんによっては、早期に発見することで、がんにかかったとしても命を落とさないですみます。

日常生活の中で、がんのリスク(がんになる危険性)をできるだけ低く抑え、適切な検診を受けることで、がんから身を守ることができるのです。

そこで、公益財団法人がん研究振興財団では、現時点で科学的に妥当な研究方法によって明らかとされている結果をもとに、次のような「がんを防ぐための新12か条」を提案しています(平成27年度の当コーナーにて詳しく解説しています)。


【がんを防ぐための新12か条】
1条 たばこは吸わない
2条 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3条 お酒はほどほどに
4条 バランスのとれた食生活を
5条 塩辛い食品は控えめに
6条 野菜や果物は豊富に
7条 適度に運動
8条 適切な体重維持
9条 ウイルスや細菌の感染予防と治療
10条 定期的ながん検診を
11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12条 正しいがん情報でがんを知ることから


ぜひ、正しい知識と方法を身につけ、自分自身でがんから身を守りましょう。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。