文字サイズ

きちんと歯磨き、できていますか?

きちんと歯磨き、できていますか?

 近ごろは、自宅だけでなく学校や職場、外出先でも歯を磨くなど、お口のケアに気を配る人が増えているようです。歯磨きで大切なのは、う蝕(虫歯)や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)をきちんと取り除くこと。たとえ毎食後歯を磨いていても、漠然と歯ブラシを動かしているだけでは「きちんと磨けた」とはいえません。上手な歯の磨き方をマスターしましょう。

軽い力で小刻みに、1本ずつ磨く

 プラークを取り除くことが目的といっても、強い力でゴシゴシと磨いては、歯や歯肉(歯ぐき)を傷めてしまい逆効果です。エンピツを持つ要領で、親指、人差し指、中指で歯ブラシを軽く持つと、力が入りすぎることがありません。歯ブラシはヘッドが小さいもの、毛先はやわらかいものやかたいものより「ふつうのもの(medium)」がおすすめです。

歯ブラシの使い方にもコツがあります。

  • 歯と歯肉(歯ぐき)の境目、歯と歯の間を磨くとき……歯ブラシを45度くらいの角度で当てる。
  • 奥歯の噛む面、歯の側面を磨くとき……歯ブラシを直角に当てる。
  • 歯ブラシは手首を使って小刻みに動かし、1本ずつていねいに磨く。
  • 奥歯から手前の歯に向かって一筆書きのように順番に磨いていくと、磨き残しを防ぐことができる。

 奥歯や歯の内側、歯と歯肉(歯ぐき)の境目などは磨き残しが多い場所なので、意識して磨くようにします。また、歯ブラシだけでは歯と歯の間のプラークをきれいに取り除くことはできないので、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

寝る前の徹底した歯磨きを習慣に

この方法だと、全部の歯を磨くのに10分以上かかるかもしれません。でも、歯磨きの時間は技術により個人差がありますから、うまく磨けているかは歯科医院で、必ずチェックを受けましょう。
 大切なのは、時間ではなく磨けているかどうかです。毎食後は無理としても、せめて1日1回、できれば就寝前に徹底的に歯を磨きプラーク除去できる時間をとるようにしましょう。唾液には歯周病やう蝕(虫歯)のもとになる細菌の作用を抑える働きがあるのですが、就寝中は唾液の分泌量が減るため、細菌が繁殖しやすいのです。
 また就寝前であれば、「テレビを見ながら」「ソファでくつろぎながら」など、ゆっくりと手鏡を見て歯を磨く時間をとりやすいのではないでしょうか。

効率的に短時間でプラークを落とせる電動歯ブラシを利用するときは

 コンパクトで持ち運びが便利な製品に人気が集まるなど、口腔ケア用品としてすっかり定着した電動歯ブラシ。なんといっても、うまく使えば、短時間で効率的にプラークを落とせるのが魅力です。
 ただし、歯の表面や歯と歯肉(歯ぐき)の境目にうまく当たらなければ、プラークを落とせないのは歯ブラシと同じです。しかも、誤った使用をすれば、歯の表面が磨耗したり、歯肉(歯ぐき)を傷つけてしまう恐れがあるので、同じ部位に長時間ブラシを当てたままにしないように気をつけましょう。ブラシは歯に軽く当て、1本の歯を2~3秒磨いたら次の歯に移るようにします。うまく使えば、効率的にプラークを落とせますが、歯と歯の間のプラークは、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。