文字サイズ

唾液に秘められたパワー

唾液に秘められたパワー

健康な人の場合、1日に出る唾液の量は1.5リットル前後にもなります。1.5リットルのペットボトル1本分ですから、「そんなにたくさん!?」と驚く人もいるかもしれませんね。これだけ大量に唾液が分泌されるのには、理由があるのです。

唾液のおかげでおいしく食べられる

唾液は、耳下腺(じかせん)、顎下腺(がくかせん)、舌下腺(ぜっかせん)の3つの大きな唾液腺と、唇やほお、舌などの粘膜にたくさん存在する小さな唾液腺から分泌されています。普段はあまり意識することがないかもしれませんが、唾液には健康を守るさまざまな役割があります。

食事のときに歯で噛みくだかれた食物は、唾液とよく混ぜ合わされることで飲み込みやすい形になり、のどから食道、胃へと、スムーズに送り届けられます。そして唾液によって食べかすが洗い流され、口の中は清潔に保たれます。

また、唾液に含まれる「アミラーゼ」にはでんぷんを麦芽糖に分解する働きがあり、消化吸収に一役買います。「ガスチン」は食物中の亜鉛と結びついて味覚を敏感にし、「ピルオキシダーゼ」や「カタラーゼ」は、食品添加物やたばこなどに含まれる発がん性物質の毒性を抑えます。

う蝕(虫歯)予防に力を発揮する

唾液には、う蝕(虫歯)を予防する働きもあります。

通常、口の中は中性に保たれています。食事をすると、口の中にいる「虫歯菌」が食物の糖分などを栄養にして酸を作り出すため、一時的に口の中が酸性に傾きます。すると、歯の表面のエナメル質にあるカルシウムやリン酸などが溶け出す「脱灰(だっかい)」が起こります。
この脱灰から歯を守るのが唾液です。食事をしてからしばらくたつと、唾液が酸を緩衝して口の中を中性に戻すとともに、溶けた歯の表面を元の状態に修復する「再石灰化」を行います。脱灰と再石灰化をくり返すことで、歯は少しずつ硬さを増し、う蝕(虫歯)に強くなります。

ただし、間食が多かったり、甘い飲み物を頻繁に飲んだりすると、脱灰が長引いて唾液による再石灰化が追いつかず、う蝕(虫歯)になってしまいます。ひとたびう蝕(虫歯)により歯質が失われると、再石灰化により回復することはありません。う蝕(虫歯)の穴を埋める修復治療が必要になります。また、う蝕(虫歯)を放置すると、歯の神経にまで細菌が達し、歯の神経を抜く治療が必要になります。そうならないためには、唾液のパワーを十分に発揮できるように「ダラダラ食い」をやめ、食事や間食のあとは歯を磨くことが大切です。

唾液を増やすコツ

口の中がネバネバする、乾いた食品が食べにくい、口臭があるなどがあれば、唾液の量が少なくなっているのかもしれません。唾液の分泌を促すために、下記のことを試してみてください。

  • よく噛んで食べる。
  • ガムを噛む。
  • おしゃべりをする。
  • 「イー」「ウー」と言いながら、口を大きく動かす。
  • あごの骨の下に沿って、耳の下からあご先まで、指でもみほぐすようにマッサージをする。

これらで唾液の分泌が改善されず、口の強い渇きに悩まされる場合は、「口腔乾燥症(ドライマウス)」の可能性があります。歯科や口腔外科、もしくはドライマウス専門外来で相談を。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。