文字サイズ

治療済みの歯が危ない! 大人のう蝕(虫歯)

治療済みの歯が危ない! 大人のう蝕(虫歯)

 大人と子どもでは、う蝕(虫歯)ができやすい場所に違いがあります。しかも、気づいたときには歯を抜かなければならないほど進行していることも・・・・・・。歯周病だけでなく、う蝕(虫歯)への対策も万全に!

大人の9割が一度はう蝕(虫歯)を経験している

 う蝕(虫歯)は子どもに多いと思っていませんか? 厚生労働省「歯科疾患実態調査」によると、1987年には、5~9歳の43.3%(*)にう蝕(虫歯)がありましたが、2005年には14.6%に減少しています。一方、2005年における20歳以上のう蝕(虫歯)の割合は、各年代で90%(*)を超えています。これは、1987年に比べてほぼ横ばいか、増加傾向を示しています。
 大人は歯周病だけでなく、う蝕(虫歯)にも十分な注意が必要なのです。

 歯と歯の間、歯と歯肉(歯ぐき)の境目、奥歯のみぞがう蝕(虫歯)になりやすいのは、大人も子どもも共通です。しかし大人の場合は、これらに加えて特に気をつけたいポイントが2つあります。

*う蝕(虫歯)の割合は、治療済みの歯がある人、未治療の歯がある人、その両方がある人の合計。

詰め物と歯の境目から細菌が侵入

 1つは、治療によって詰め物やかぶせ物をした歯にできる「二次う蝕(虫歯)」です。治療済みの歯が危ないのには、いくつかの理由があります。

 そもそもう蝕(虫歯)ができた部分というのは、歯ブラシが届きにくかったり、歯並びがよくなかったりして、プラーク(歯垢)がたまりやすい場所です。そのため、正しいケアの方法を身につけないと、治療したとしても再びう蝕(虫歯)になりやすいといえるでしょう。

 また、詰め物やかぶせ物と歯の間にすき間があると、そこからう蝕(虫歯)の原因菌が入り込んでしまいます。ところが、歯の表面と違って、詰め物やかぶせ物に隠れて、う蝕(虫歯)ができてもなかなか気づきません。
 そのうえ、治療の際に歯が削られているため、菌が歯の奥のほうまで達しやすいほか、神経を抜いてある歯の場合はう蝕(虫歯)が進行しても痛みを感じません。歯科医院を受診するころには、抜歯が必要なほど症状が進行してしまっていることも珍しくないようです。

 治療したからといって安心せずに、その後も定期的に歯科医院で歯の状態をチェックしてもらいましょう。

歯肉(歯ぐき)が下がって歯根が無防備に

 もう1つは、歯根(歯の根元の部分)にできるう蝕(虫歯)です。
 30歳代以降では、歯周病や誤った歯磨きなどの影響で、年齢を重ねるにつれて歯肉(歯ぐき)がやせていき、歯根が露出するようになります。歯根の表面は歯冠(歯の頭の部分)とは異なり、硬くて丈夫なエナメル質で守られていないため、プラーク(歯垢)がたまるとう蝕(虫歯)になりやすいのです。
 高齢になってさらに歯肉(歯ぐき)がやせると、歯と歯のすき間が目立つようになり、食べものが詰まりやすくなります。高齢者では加齢や薬の影響により歯を守る唾液の分泌量が減っていますから、特に注意が必要です。

 歯と歯のすき間は、歯ブラシだけでなく歯間ブラシも上手に活用して、プラーク(歯垢)を取り除くことが大切です。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。