文字サイズ

口呼吸の落とし穴

口呼吸の落とし穴

口をぽかんと開けて呼吸をしている姿は、見た目の印象がよくないだけでなく、口の中が乾いて細菌が繁殖し、う蝕(虫歯)や歯周病になりやすくなります。鼻やのどの病気、歯並びの乱れが口呼吸を引き起こしていることがあるので、まずは受診して原因を調べましょう。

口呼吸だと病気になりやすい

まずはじめに、次の項目に当てはまるものがあるかどうかチェックしてみてください。

気がつくと口がぽかんと開いている。

唇や口の中が乾燥しやすい。

朝起きたときにのどが乾いている、またはのどが痛い。

いびきをかく。

食事のときにクチャクチャと音を立てて食べる。

これらの中で一つでも当てはまる人は、無意識のうちに「口呼吸」をしているかもしれません。

人間は鼻でも口でも呼吸をすることができますが、哺乳類の中で口呼吸ができるのは、言葉を話す人間だけとか。本来は人間も、鼻呼吸をするようにできています。
鼻の粘膜には「繊毛(せんもう)」と呼ばれる細かい毛がたくさん生えていて、ほこり、ちり、ウイルス、細菌などの異物が体内へ侵入するのを防ぐフィルターの役目をしています。また、鼻には冷たくて乾燥した空気を暖め、加湿する働きがあります。
ところが口で呼吸をすると、細菌やウイルスなどを含んだ冷たくて乾燥した空気を直接体内へ取り込むことになります。すると、口やのどが乾燥したり、細菌やウイルスによって病気にかかるリスクが高まってしまうのです。ほかにも意外な悪影響があります。

う蝕(虫歯)、歯周病、口臭、歯並びにも影響が

口呼吸は、お口の健康にも悪影響を及ぼします。

唾液には口の中を清潔に保ったり、う蝕(虫歯)を予防する働きがあるため(参照:第4回「唾液に秘められたパワー」)、口呼吸によって唾液が蒸発すると唾液による自浄作用が低下し、う蝕(虫歯)や歯周病になりやすくなるほか、口臭の原因にもなります。

また、本来、鼻呼吸で口を閉じているときは舌の先が上顎に軽く触れています。しかし、口呼吸の人は呼吸をしやすいように無意識に舌の位置をずらしたり、常に口を開けていることで舌の位置が下がってしまうことが多いようです。すると歯が舌に押されたり、顎の成長に支障をきたしたりして、歯並びの乱れにつながる恐れがあります。成長期にある子どもの場合は、とくに注意が必要でしょう。

さらに悪いことに、口呼吸中には、重力に対して下顎を安定化させるために、歯を軽く閉じて歯を合わせることになります。しかし、この無意識の口呼吸の持続により、軽く閉じたはずの歯と歯の接触が継続することで、強い過度の噛みしめ(くいしばり)となります。その結果、噛みしめるための筋肉は疲労し、随伴的に、目の疲れ、頭痛、肩こりなどの不定愁訴につながります。

鼻やのどの病気、歯並びの乱れが原因の場合は治療を

口呼吸の原因として次のようなものが考えられます。

  • アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などで鼻が詰まっている。
  • 鼻腔を仕切る鼻中隔(びちゅうかく)が曲がっている(鼻中隔弯曲症:びちゅうかくわんきょくしょう)など、鼻の構造に問題がある。
  • いわゆる「のどちんこ」の横にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)や、鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)が肥大して気道が狭くなっている。
  • 前歯が出ていて(上顎前突)、口を閉じにくい。
  • 口の周りの筋力が低下している。

鼻やのどの病気が原因であれば耳鼻咽喉科、歯並びに問題があれば矯正歯科で治療を受けることで、口呼吸の改善が望めます。
また口呼吸以外にも、加齢やストレス、薬の副作用、糖尿病、腎臓病、シェーグレン症候群(自己免疫疾患の一種)などによって唾液の分泌が減り、口の中が乾くことがあります。まずは医療機関を受診して原因を突き止めましょう。

口呼吸の原因となっている病気の治療が終わったら、意識的に口唇を正しく閉鎖して鼻呼吸をするように心がけましょう。食事の際は口唇を正しく閉じたまま噛むようにします。ガムを噛んで練習するのもよいでしょう。
口の周りの筋肉を鍛える器具や訓練の方法を紹介してくれる歯科医院もあるので、かかりつけの歯科医に相談してみてください。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。