文字サイズ

食品の酸などで歯が溶ける「歯の酸蝕症 酸蝕歯」

食品の酸などで歯が溶ける「歯の酸蝕症 酸蝕歯」

 食品に含まれる酸で歯の表面のエナメル質が溶ける「歯の酸蝕症 酸蝕歯(さんしょくし)」。知らないうちに進行して、知覚過敏の原因になることも。フルーツや酢など、体によいとされる食品にも酸性の強いものがあるため、食べ方を工夫し、正しいケアを行って歯の健康を守りましょう。

歯の表面のエナメル質は酸に弱い

 「歯の酸蝕症 酸蝕歯」という言葉を聞いたことがありますか? 食品などに含まれる酸によって歯の表面のエナメル質が溶けることをいい、近ごろ話題となっています。

 歯の表面のエナメル質は大理石に匹敵するくらい硬くて丈夫な物質ですが、酸に弱いという弱点があります。口の中にいるう蝕(虫歯)の原因菌は、食品に含まれる糖を栄養にして酸を作り出し、歯のエナメル質を溶かします。これが「脱灰(だっかい)」で、脱灰が進むと歯に穴が開き、本格的なう蝕(虫歯)になってしまいます。
 う蝕(虫歯)になるのを防ぐのに大きな役割を果たしているのが、唾液です。
 エナメル質の主成分はアパタイトという物質で、主にリン酸とカルシウムからできています。唾液には口の中を中性に保つとともに、リン酸とカルシウムを補充し、溶けたエナメル質を修復する「再石灰化」の働きがあります。絶えず脱灰と再石灰化を繰り返すことで、歯の健康が保たれているのです。

 「歯の酸蝕症 酸蝕歯」では、う蝕(虫歯)の原因菌とは関係なく、各種の化学物質によりエナメル質が脱灰侵蝕されます。以前は、強酸を扱う職業に従事する方が罹患していましたが、職場環境の改善でほとんどなくなりました。しかし、最近では、かんきつ類、果実飲料、炭酸飲料、スポーツ飲料などpH(ペーハー)の低い飲料を日常生活で頻繁に摂取したりすることによる酸蝕歯が増えてきています。
 食品に含まれる酸に触れるのが頻繁だったり、時間が長かったりすると、唾液による再石灰化が間に合わず、脱灰が進んでしまいます。さらに、酸によってエナメル質が一時的にやわらかくなっているため、酸性の強い食品をとった直後に歯を磨くとエナメル質が傷つきやすくなります。
 歯の表面のエナメル質が侵食されて完全になくなってしまうと、歯の内部の象牙質が露出すると、耐酸性が低いため急速に進行し、冷たいものがしみる「知覚過敏」の原因になります。また、歯の黄ばみが強くなったり、歯の先端が透けて見えたりすることもあります。

黒酢入りドレッシングを常用していた78歳男性の酸蝕歯。特に上下顎前歯部の噛み合せによるすり減り(磨耗)に加えて、黒酢によるエナメル質の溶解が進み、犬歯では象牙(ぞうげ)質が露出している。

食後は水で口をゆすぎ、30分くらいたってから歯磨きを

 酸蝕歯は年齢に関係なく、どんな人でもなる可能性がありますが、乳歯は永久歯に比べてエナメル質がやわらかいため、子どもは酸蝕歯のリスクがより高いといえます。フルーツや酢など、酸性の強い食品には体によいものもあります。食べるのを控えるのではなく、正しいとり方や対処法を知っておきましょう。

 まずは、酸性の強い食品をダラダラととり続けないこと。また先に述べたように、酸性の強い食品をとった直後は、歯の表面のエナメル質がやわらかくなっています。食事の後は水やお茶で口をゆすいで酸を洗い流しましょう。そして、口の中に残った酸を唾液が中和してくれるのを待ち、30分くらいたってから歯を磨くようにするとよいでしょう。

 睡眠中は唾液が出にくいため、酸の影響を受けやすくなります。就寝前には、特にていねいに歯を磨くようにしましょう。ただし、強い力でゴシゴシと磨くと歯が磨耗したり、歯肉(歯ぐき)を傷つける恐れがあります。歯ブラシは優しく、小刻みに動かすようにしてください。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。