文字サイズ

顎が痛くてつらい「顎関節症」

顎が痛くてつらい「顎関節症」

 顎(あご)が痛い、口が開きにくい、口を開けると「カクカク」と音がするといった症状が起こる「顎関節症(がくかんせつしょう)」。くいしばりやストレス、姿勢などが原因となるので、生活習慣を見直してつらい症状を改善しましょう。

くいしばりや歯軋(ぎし)りなど、日常生活の悪い癖(悪習癖)が大きく影響する

  顎が痛い(顎関節痛)、口が開きにくい(開口障害)、口を開け閉めするときに「カクカク」「ジャリジャリ」などと音がする(関節雑音)、ものを噛んだり長時間しゃべったりすると顎が疲れる――。このような症状があったら、「顎関節症」の可能性があります。
顎の痛みだけでなく、過度の強い「くいしばり」が継続すると、噛みしめるための筋肉は疲労し、随伴的に、目の疲れ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、めまい、耳鳴などの不定愁訴につながります。

 顎関節症は、顎関節(顎の関節)や顎に関連する筋肉、咀嚼筋(そしゃくきん)の病気で、とくに20~40代の女性に多いといわれています。
 顎関節は、左右に1つずつあり、頭の骨(側頭骨)のくぼみに下顎の骨の突き出た部分(下顎頭)がはまり込むような構造になっていて、耳のすぐ前にある、口を開け閉めするときに動く部分です。顎関節には、その骨の間にコラーゲンでできた「関節円板」があり、頭の骨と下顎がこすれないようにクッションの役割(緩衝作用)を果たしています。関節円板は下顎が動くときに一緒に移動しますが、本来の位置からずれて下顎に引っかかると、口を開け閉めするときに関節円版が戻る音が鳴ります(関節雑音)。また、ずれた関節円板と下顎の引っかかりが強くなると、口が少ししか開かなくなります(開口障害)。さらに、顎関節の周囲の組織に炎症が起こると、神経が過敏になり、顎を動かしたときに痛みを感じるようになります(顎関節痛)。
 ものを噛むときに働く咀嚼筋の緊張が原因で起こるケースもよくみられます。咀嚼筋が緊張した状態が続くと、顎関節に圧力がかかってスムースに動かなくなるほか、咀嚼筋の血流が悪くなり痛みの原因となります。

 従来、顎関節症は噛み合わせの異常によって起こると考えられていました。それも一つの要因ではあるものの、現在では、日常生活のなかで無意識に行っている動作が大きく影響しているのではないかといわれています。
 例えば、くいしばりや歯軋り、食事の際に片側でばかり噛む(偏咀嚼)、猫背や頬杖をつく癖などがあると、咀嚼筋や顎関節に大きな負担がかかって、顎関節症になりやすくなります。

セルフケアが症状改善のカギ

 顎関節症は、症状が軽ければ自然に治ることもありますが、痛みが強いなど日常生活に支障がある場合は、歯科医院を受診しましょう。初期治療として、理学療法、スプリント療法(歯列に装着するマウスピースを用いる治療)、マイオモニター治療(主に咀嚼筋を電気刺激でリラックスさせる治療)、薬物療法、冷罨法などの治療法があります。しかし、現時点では、どの治療法が最も効果的であるかについてのエビデンスが少ないようです。
 ただし、顎関節症には日常生活の癖が影響しているので、患者さんが病気の原因となっている悪い癖(悪習癖)を自覚し改善していくこと(自己暗示療法)が治療において最も重要で、再発の予防にもなります。

 会話や食事をしているときを除いて、通常、何もしていないときは、上下の歯は接触していません。唇を閉じているときも、上下の歯には隙間があいているのが普通です。
 ところが、勉強や仕事、スポーツなどに集中していたり、精神的なストレスがあると、無意識のうちに歯をくいしばってしまうことがあります。また、無意識の口呼吸の習慣があると、軽く閉じたはずの歯と歯の接触が継続することで、強く噛みしめて(くいしばって)しまうこともあります。
 強く噛みしめるのはもちろん、上下の歯が軽く接触しているだけでも咀嚼筋や顎関節に負担がかかってしまうので、気づいたら口唇を軽く閉鎖して上下の歯を離すようにしましょう。ストレスをためないようにすることも大切です。
 通常は、口唇を軽く閉鎖すれば、舌の先が切歯乳頭(上顎口蓋の前歯の裏側)に接し、上下の歯が離れて咀嚼筋も安静になります。付随的に、前述の不定愁訴の改善に繋がります。なお、一部の症状は、顎関節症が関与しているとは思いませんから、原因不明といわれているかもしれません。

 左右の顎でバランスよく噛む、頬杖やうつぶせ寝など顎の片側にだけ負担がかかることをしない、猫背にならないよう姿勢をよくする、なども心がけましょう。
 顎の痛みが強い場合は、口を大きく開けない、硬いものは食べない、痛む側では噛まない、などに注意をしてください。

 顎関節症は、治療を開始してすぐに症状がなくなるわけではありません。数か月から半年ほどかかることが多いので、歯科医の指導のもと、気長にセルフケアを続けましょう。症状が改善した後も、再発防止のためにセルフケアを続けることをおすすめします。なお、症状が改善しない場合や悪化している場合は、主治医と相談の上、日本顎関節学会専門医などのいる専門病院へ受診するようにしてください。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。