文字サイズ

プロによる機械的歯面清掃「PMTC」を受けよう

プロによる機械的歯面清掃「PMTC」を受けよう

歯科医師や歯科衛生士が行う機械的歯面清掃を「PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)」といいます。セルフケアで磨き残した歯と歯の間や、歯と歯肉(歯ぐき)の境目などの歯垢(プラーク)を、専用の器具を使って清掃と研磨を行い徹底的にきれいにするもので、う蝕(虫歯)や歯周病の予防に役立ちます。

お口の健康維持はセルフケアとプロフェッショナルケアの2本立て(両立)で

「PMTC」は、熟練した歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って行うお口の機械的歯面清掃のことをいいます。

う蝕(虫歯)や歯周病を予防するためには、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどによる毎日のセルフケアが大切なのは言うまでもありません。しかし、どれだけていねいに磨いても、歯垢(プラーク)の磨き残しが生じてしまいます。すると、細菌が増殖して「バイオフィルム」と呼ばれる粘り気のある細菌の集合体(生物膜)を形成します。歯垢(プラーク)は、そのバイオフィルムの典型例です。

バイオフィルムは、約400種類もの細菌で構成されており、歯の表面にできるとエナメル質を溶かしてう蝕(虫歯)を発生させます。
また、歯と歯肉(歯ぐき)の境目にバイオフィルムができると、細菌が放出する酵素によって歯肉(歯ぐき)に炎症が起こり、歯周ポケットが生じます。歯周ポケット内でバイオフィルムが成長すると免疫細胞が細菌を攻撃しますが、バイオフィルムの強力なバリアー機能によって阻まれ、炎症が進行します。また、抗菌剤なども、このバイオフィルムの中へ浸透しにくいため、効きにくくなっています。薬剤の効果を発揮させるためには、一度このバイオフィルムを機械的に破壊する必要があります。さもないと、そのまま放置することで、歯周炎が進行して歯が抜け落ちてしまいます。
このように、バイオフィルムは、う蝕(虫歯)や歯周病の原因となることがわかっており、バイオフィルムを取り除くことが、お口の健康を守るうえでのポイントとなります。

バイオフィルムは口の中だけでなく、私たちの身の回りに広く存在しています。例えば、キッチンやお風呂の排水溝がヌルヌルするのも、このバイオフィルムが原因です。排水溝のぬめりが水を流しただけではきれいにならないように、口の中にできたバイオフィルムも唾液やうがいでは取り除くことができません。
歯の表面のバイオフィルムは、毎日の正しいブラッシングである程度除去することができますが、磨き残しや歯ブラシの毛先が届きにくい部分(歯と歯の間、歯と歯肉の境目、奥歯の後ろ側、歯周ポケットなど)をきれいにするためには、PMTCが有効です。

う蝕(虫歯)や歯周病予防のほか、歯面の着色汚れもきれいに

歯科医院によって異なりますが、PMTCの主な内容は次のようになっています。

  • 歯の状態をチェック
    歯や歯肉(歯ぐき)の状態を確認します。歯垢(プラーク)が石灰化した歯石が付着していれば、歯石除去を行うことがあります。
  • 研磨剤を塗る
    機械的歯面清掃の際に傷つけないよう、歯の表面、歯と歯の間、歯と歯肉(歯ぐき)の境目に研磨剤を塗ります。
  • 機械的歯面清掃
    三角形の「チップ」で歯と歯の間の汚れを落とし、回転式の「ブラシ」や「カップ」を使って歯の表面をきれいにします。歯の治療は痛くて苦手な人も多いかもしれませんが、これらの器具はゴムやナイロンなどのやわらかい素材でできているため、痛みはありません。
  • フッ素でコーティング
    仕上げに、歯質を強くし、う蝕(虫歯)を予防する効果があるフッ素ジェルを、歯の表面に塗って、数分間放置します。

口の中の状態によって差はありますが、PMTCの所要時間は、上顎、下顎合わせて30分程度が目安となりますが、歯並びや歯周病の進行程度などにより異なります。う蝕(虫歯)や歯周病の予防に効果があるほか、歯に付着したタバコのヤニや茶渋などの歯面の着色も落ちて、歯がきれいになります。禁煙のきっかけになることもあります。また、歯の表面がツルツルになるので、セルフケアでは得られない爽快感を味わえます。
ただし、しばらくすると再びバイオフィルムが形成されてしまうので、3~6ヵ月に1回はPMTCを受けることをおすすめします。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。