文字サイズ

親知らず(智歯、第3大臼歯)は抜く? 抜かない?

親知らず(智歯、第3大臼歯)は抜く? 抜かない?

親知らずの生え方には個人差があり、生まれつき1本もない人、顎の骨の中に埋まったままの人、上下左右の4本とも生えてくる人などさまざまです。痛みや腫れ、う蝕(虫歯)など、何らかのトラブルが起こっている場合は、抜歯がすすめられます。

痛みや腫れ、う蝕(虫歯)などがあれば抜歯を

親知らずは「智歯(ちし)」とも呼ばれ、思春期を過ぎて生えてくる一番奥の歯です。医学的には「第3大臼歯(だいきゅうし)」といいます。
親知らずは個人差が大きい歯です。最大で上下左右の4本が生えますが、生まれつき1本もない人もいれば、顎の骨の中に埋もれたまま生えてこない人もいます。また、一般的には20歳前後に生えることが多いのですが、それより早い人も遅い人もいます。

親知らずというと、抜くべきなのかどうか気になる人は多いでしょう。まっすぐ生えていて上下の歯がきちんと噛み合っており、痛みや腫れがなければ、抜歯の必要はありません。しかし、現代人の多くは顎が小さく、親知らずが生える十分なスペースがありません。そのため、まっすぐ生えていても親知らずの一部しか見えていなかったり(半埋伏智歯)、斜めや水平に生える(埋伏智歯)など、生え方に問題があるケースが多いようです。このようなケースでは、痛みや腫れを伴うことがあるほか、手前の歯との間に食べかすや歯垢(プラーク)が溜まりやすく、歯ブラシも届きにくいため、う蝕(虫歯)や歯周病などが起こりやすくなります。すなわち、親知らずのまわりの歯肉の炎症は、智歯周囲炎といいます。親知らずに対してう蝕(虫歯)や歯周病の治療を行っても、食べかすや歯垢(プラーク)が溜まりやすい状況が改善されなければ、再び同じトラブルが起こる可能性が高いため、早めの抜歯がすすめられます。

また、妊娠中は歯のトラブルが起こりやすいので、女性は妊娠前に親知らずを抜いておいたほうが安心でしょう。

【親知らずの抜歯がすすめられるケース】

  • 歯肉(歯ぐき)に炎症が起こっている
  • う蝕(虫歯)になっている
  • 一部しか歯肉(歯ぐき)から出ておらず、食べかすが溜まりやすい
  • 斜めや水平に生えている
  • 親知らずが隣の歯を押して、歯並びや噛み合わせに影響している
  • 妊娠を希望している女性 など

抜歯後は安静に過ごす

親知らずの抜歯は、かかりつけの歯科医院で相談するとよいでしょう。X線検査(場合によってはCT検査を行うことも)で親知らずの状態を確認し、大学病院や総合病院などでの抜歯が適していると判断された場合は、紹介を受けましょう。

抜歯にかかる時間の目安は30分から1時間程度です。通常は局所麻酔で行いますが、「静脈内鎮静法」という特殊な麻酔を併用して、抜歯に対する不安や緊張をやわらげる場合があります。静脈内鎮静法を行える歯科医院は限られているので、希望する場合は事前に確認するようにしてください。
まっすぐに生えていればそれほど問題はありませんが、斜めや水平に生えている場合などでは、歯肉(歯ぐき)の切開や、歯や骨の一部を削る処置が必要になり、それだけ時間がよりかかることになります。

抜歯は出血を伴います。抜歯をした当日は血行を促す飲酒や運動は避け、お風呂もシャワーで済ませたほうがよいでしょう。抗菌薬や痛み止めなどの処方された薬は指示どおりに服用し、安静に過ごしてください。また、喫煙は、傷の治りを悪くするので、禁煙のきっかけとしてください。
痛みや腫れは数日で落ち着くことがほとんどですが、ズキズキとした激しい痛みが続く場合は「ドライソケット(Dry Socket)」が疑われるので、歯科医院を受診しましょう。ドライソケットとは、抜歯した部分の穴が塞がらずに骨がむき出しになった状態で、抗菌薬の服用と抗菌薬含有のステロイド軟膏ガーゼの挿入などを行います。
また、親知らずの歯根が下顎を走る神経組織に接触している場合は、抜歯後、一時的に唇が麻痺(まひ)することがあります。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。