文字サイズ

気になる口臭の予防法

気になる口臭の予防法

口腔由来の口臭の多くは、う蝕(虫歯)、歯周病、舌苔(ぜったい)、智歯周囲炎、唾液分泌の低下など口の中のトラブルが原因で起こります。口の中を清潔にするとともに、う蝕(虫歯)や歯周病など原因がはっきりしている場合はその治療をすることが口臭の予防になります。

慢性的な強い口臭(病的口臭)の原因は?

「私の息って、すごく臭いんじゃないかしら……」と、口臭を気にする人が増えているようです。
もともと、誰にでも多少の口臭はあるものです。お酒を飲んだりにおいの強いものを食べたりしたあとや、朝の起床時などは口臭が強くなります。しかし、これらは生理的なもので、一時的に臭い(におい)が強くなるだけなのであまり気にすることはありません(生理的口臭)。
ただし、慢性的に強い口臭(病的口臭)がある人には、次のような原因があると思われます。

病的口臭の原因

全身由来

  • 慢性副鼻腔炎などの鼻咽腔疾患
  • 胃食道逆流症などの消化器疾患
  • 気管支炎などの呼吸器疾患
  • 糖尿病、肝臓病、腎臓病、悪性腫瘍などの疾患

その他

  • 喫煙

口腔由来

  • 舌苔(ぜったい)
  • 歯周病
  • う蝕(虫歯)
  • 智歯周囲炎
  • 清掃不良の義歯(入れ歯)や歯の詰め物(不良補綴物)
  • ドライマウス(唾液分泌の低下) 薬物、シェーグレン症候群、放射線治療後などに起因

口臭の原因を除去してプラークコントロールを

口腔由来の口臭のほとんどは、舌苔(ぜったい)や歯周病、う蝕(虫歯)といった口の中のトラブルによって起こります。口臭の元の主なものは、口腔細菌がたんぱく質を分解するときに発生する、硫化水素やメチルメルカプタンを含んだ「揮発性硫黄化合物」です。その他に、アミン類、有機酸、フェニル基含有物、アルコール、ケトン、アルデヒド、窒素化合物が関与しています。

舌苔(ぜったい)とは、食べ物のかすや、口内の粘膜から剥がれ落ちた古い細胞などが舌の上に溜まって腐敗した細菌の塊です。同じように、歯周病やう蝕(虫歯)によってできた歯間や、歯周ポケット(歯と歯肉の間)にたまった歯垢(プラーク)も細菌の塊です。舌苔(ぜったい)や歯垢(プラーク)が多いほど、揮発性硫黄化合物の発生量も多くなって、口臭が強くなるのです。
また、歯周病原菌は硫化水素より臭い(におい)が強いメチルメルカプタンを多く産生するため、歯周病の人は周りの人を不快にさせる強い口臭を放つようになります。

口臭予防のためには、まず、口臭症の診断(表1)を受け、口腔由来の病的口臭であれば、歯周病やう蝕(虫歯)の治療を行い、正しいブラッシングやデンタルフロス、歯間ブラシの利用で、プラークコントロールを行うことが大切です。舌苔(ぜったい)は、専用の舌ブラシを使って除去し、口内の清潔を保持します。そして、定期的に歯科を受診して、診察と口腔管理の指導を受けましょう。なお、喫煙者では、禁煙が大前提になります。

表1 口臭症の分類(国際口臭学会による)

1. 真性口臭症

  • 生理的口臭
  • 病的口臭
    口腔由来の病的口臭
    全身由来の病的口臭

2. 仮性口臭症

3. 口臭恐怖症

「自分は口臭が強い」と思い込んでいるだけの人も

なかには、口臭を気にするあまり他の人と話せなくなってしまったり、内向的になってしまったりする人もいますが、多くの場合は問題になるほどの臭い(におい)はなく、思い込みで悩んでいる「仮性口臭症」です。そんな人に受けてほしいのが口臭検査です。通常は、その検査結果の説明により訴えの改善が期待できますが、改善の期待できない「口臭恐怖症」といわれる病態があり、精神科医との連携治療が必要になります。

通常は、歯科医師や歯科衛生士などが実際に患者の呼気をかいで行う評価(官能検査)と、口臭測定器による評価の二通りが行われます。気にするほどの口臭ではないとわかれば悩みは解消しますし、もし口臭が強かったとしても治療と予防で改善することができます。
測定器による呼気成分の分析に基づいた評価は客観的なので、その検査結果は、思い込みの強い患者にとっても説得力のあるものとなります。

口臭治療を行う口臭専門外来を開設している病院もあるので、口臭で悩んでいる方は、一度受診することをお勧めします。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。