文字サイズ

う蝕(虫歯)予防は、赤ちゃんのころから始まります!

う蝕(虫歯)予防は、赤ちゃんのころから始まります!

 う蝕(虫歯)は感染症の一種です。両親など周囲の人たちの口の中にいるう蝕の原因菌(う蝕原性細菌)が、スプーンの共有などによって赤ちゃんに感染するのです。そのため、周囲の人たちがお口の中を清潔にして細菌を減らしておくことは、赤ちゃんをう蝕(虫歯)から守ることにもつながります。乳歯が生え始めたら、ガーゼで口の中の汚れを拭くことから始め、少しずつ歯磨きの習慣を身につけていきましょう。

唾液を介して赤ちゃんに口の中の細菌が感染する

 う蝕(虫歯)は、口の中の細菌が原因で起こる感染症で、ミュータンスレンサ球菌の歯への定着(感染)が大きく関与することがわかっています。実は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、う蝕(虫歯)の原因菌は存在しません。それでは、細菌はどこからやってくるのでしょうか。

 主な感染経路は、両親や祖父母などの身近な大人の唾液です。食事のときにスプーンや箸、食器を共有する、大人が噛んだ食べ物を与える、キスや頬ずりなどのスキンシップといった、日常的によくみられる行為の際に、大人の口の中の細菌が赤ちゃんに感染するといわれています。

 とはいえ、子どもが成長するうえで親子のスキンシップはとても大切ですから、う蝕(虫歯)の原因菌への感染を防ごうと神経質になりすぎて、スキンシップが減ってしまうのも考えものです。それよりも、身近な大人がう蝕(虫歯)や歯周病を治療するとともに、毎日の口腔ケアをきちんと行って口の中を清潔に保つことが大切です。そうすることで口の中のう蝕(虫歯)の原因菌が減り、赤ちゃんに感染させてしまうリスクも減らすことができます。
 う蝕(虫歯)の原因菌は、乳歯の生え始める生後半年ごろからみられるようになり、生後1歳6か月から2歳6か月の間にミュータンスレンサ球菌が最も感染しやすいといわれているので、この時期は特に注意が必要です。さらに、ミュータンスレンサ球菌の感染が成立するためには、ショ糖(砂糖の主成分)の存在が不可欠なため、エサとなるショ糖の摂取が多ければ(不規則な間食や甘味飲料など)、それだけミュータンスレンサ球菌は感染、定着しやすくなります。したがって、この時期(2歳6か月まで)にショ糖の摂取を制限することが大切で、そのことにより、ミュータンスレンサ球菌の感染および定着がなければ、その後のう蝕(虫歯)のリスクが少なくなることも種々の報告から明らかになっています。

乳歯はう蝕(虫歯)になりやすい

 「乳歯はいずれ永久歯に生え替わるから、う蝕(虫歯)になってもかまわない」と思う人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。乳歯がう蝕(虫歯)になると、十分に噛むことができずに栄養の吸収が悪くなったり、硬い食べ物をいやがるようになって偏食の原因にもなります。また、乳歯には永久歯を正しい噛み合わせへと導く大切な役割があるので、う蝕(虫歯)がひどくなって抜歯しなければならなくなると、将来の歯並びにも影響を及ぼします。

 乳歯は、永久歯より歯の表面のエナメル質が薄くてやわらかく、酸に弱いという特徴があります。そのためう蝕(虫歯)になりやすく、小さなう蝕(虫歯)でもあっという間に進行してしまいます。小さな子どもの場合、痛みがあってもそれをうまく伝えることができないので、気づいたらう蝕(虫歯)が神経まで達していた、ということにもなりかねません。保護者がきちんとケアをして、う蝕(虫歯)にならないようにすることが大切です。

ガーゼで汚れをふき取ることから始めて、徐々に歯ブラシに慣れさせる

 個人差はありますが、乳歯は多くの場合、生後半年ごろに下の前歯から生え始めます。この時期は、授乳や離乳食の後に濡らしたガーゼや綿棒で汚れをふき取るだけでよいでしょう。
 歯が4本くらい生えてきたら、歯ブラシを使った歯磨きのスタートです。まずは歯ブラシの感触に慣れさせることから始めます。歯ブラシに慣れるまでは、1日1回、機嫌がよいときに磨き、慣れてきたら徐々に回数を増やして、最終的には毎食後磨く習慣をつけます。乳歯が生え始める前から、時々歯肉(歯ぐき)やお口のまわりを触るようにすると、歯ブラシに早く慣れることができます。

 歯ブラシはヘッド部分が小さく、毛足が短いものがおすすめ。歯ブラシはエンピツを持つように軽く握り、小刻みにやさしく動かして磨いてあげましょう。歯磨き剤は必要ありません。
 1歳ごろまでは、赤ちゃんが安心できるように、おっぱいをあげるときのように抱っこして歯を磨いてあげるとよいでしょう。手前の奥歯(第1乳臼歯)が生える1歳半ごろになったら、子どもを保護者のひざの上にあお向けに寝かせて歯を磨きます。

 歯と歯肉(歯ぐき)の境目、歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ部分はう蝕(虫歯)になりやすいので、念入りに磨いてください。乳幼児期には、上唇の裏側に「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」という上唇と歯肉(歯ぐき)をつなぐ「すじ」が発達していることがよくありますが、歯ブラシが上唇小帯に当たると痛みを伴い、子どもが歯磨きをいやがる原因になります。上の前歯を磨くときは、歯ブラシを持っている手とは反対側の人差し指で上唇小帯をガードして、歯ブラシが当たらないようにするとよいでしょう。

 子どもが歯ブラシを持ちたがったら、歯磨きに慣れさせるためにも、うまく磨けなくても自分でやらせてみてください。最後に保護者が仕上げ磨きをしてあげれば大丈夫です。歯磨きが終わったら、「すごいね」「上手にできたね」などとたっぷりほめてあげると、歯磨きは楽しいものだと思うようになり、歯磨きの習慣が身につきやすくなるでしょう。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。