文字サイズ

歯の治療はどこまで健康保険が適用されるの?

歯周病の外科治療「フラップ手術」とは

通常必要な歯科治療には健康保険が適用されますが、高度な技術を伴う治療や、審美目的の場合などは自費診療になります。治療法や材料、費用などについてあらかじめ歯科医によく確認し、納得して治療を受けることが大切です。

自費診療は歯科医院によって費用が異なる

歯の治療には、用いる方法や材料によって、健康保険が適用される「保険診療」と、自費扱いになる「自費(自由)診療」があります。

保険診療では、原則としてかかった医療費の3割を自己負担するだけで、必要な治療を受けられます。また、治療内容が同じなら、どの歯科医院で受けても費用は同じです。

健康保険が適用される治療法や材料はあらかじめ決められていて、高度な技術や高価な材料を用いるとき、また、見た目を美しくする目的で行う治療などを希望するときは自費診療となります。例えば、笑ったときに奥歯の銀歯が目立つから白い詰めものに替えたい、というようなときは自費診療になります。自費診療では医療費は全額自己負担で、保険診療に比べると数倍から10倍以上かかり、歯科医院によって費用も異なります。

保険診療の例

  • レジン充填(じゅうてん):プラスチックの白い詰めものを、う蝕(虫歯)を削ってその場で詰める方法。
  • 金銀パラジウム合金・銀合金インレーまたは冠(クラウン):銀色をした金属の詰めものや被せもの。丈夫で長持ちするが、変色したり、金属アレルギーの原因となることがある。
    • インレー=う蝕<虫歯>を大きく削った部分の型をとり、後日詰めものを詰める方法
    • 冠(クラウン)=被せもの
  • 硬質レジン前装冠:内側は金属で、外から見える部分にプラスチックを貼りつけた被せもの。前歯のみ保険適用。白くて歯に近い色だが、黄色く変色しやすく、プラーク(歯垢)がつきやすい。
  • レジン床義歯(入れ歯):義歯床がプラスチックでできた入れ歯。強度を保つため厚みがある。

自費診療の例

  • セラミックインレーまたは冠:セラミックの詰めものや被せもの。金属製のものに比べると耐久性がやや劣るが、自然な歯に近い色で変色が少ない。
  • ハイブリッドセラミックインレーまたは冠:プラスチックにセラミックを混ぜた詰めものや被せもの。見た目は自然だが、セラミックに比べると変色しやすい。
  • 金合金・白金加金インレーまたは冠:金属の詰めものや被せもの。見た目は目立つが、抗菌作用があり長持ちする。
  • メタルボンド冠:内側は金属で、外から見える部分はセラミックを貼りつけた被せもの。丈夫で変色しにくく、プラーク(歯垢)がつきにくい。
  • ラミネートベニア:歯の表面を薄く削り、セラミックでできた薄い板を貼りつける方法。短期間で白くなり、時間がたっても白さが持続する。
  • バルプラスト義歯:金属のバネがない入れ歯で、入れ歯であることが他の人から分かりにくい。
  • ホワイトニング:薬剤を使って歯を白くする方法で、歯科医院で行う「ホームホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」がある。希望どおりの白さにならないこともある。
  • 歯列矯正:矯正器具を用いて歯並びを整える。口唇口蓋裂<こうしんこうがいれつ>や顎(あご)の外科手術を伴う場合などは保険が適用される。
  • インプラント:失った歯の代わりに人工の歯根をあごの骨に埋め込む方法。腫瘍やけがなどで広範囲にわたってあごの骨を失った場合などは、保険が適用される。

治療を受ける前に十分に説明を受けよう

健康保険では、保険が適用されない療養を受けると、保険が適用される部分も含めて、医療費の全額が自己負担となります。しかし、一定の条件を満たせば「保険外併用療養費」の対象となり、保険が適用される部分は一般の保険診療と同じように扱われます。歯科治療では、(1)前歯部に金合金などの材料を使用、(2)金属床総義歯、(3)小児う蝕(虫歯)治療後の継続管理――が保険外併用療養費の対象となります。

保険診療か自費診療かにかかわらず、どんな治療法にもメリットとデメリットがあります。あらかじめ治療内容や費用、見た目、耐久性、ケアの方法などについて十分に説明を受け、納得してから治療を始めることが重要です。「よくわからないけれど、歯医者さんの言うとおりにすればいい」という受け身の姿勢ではなく、疑問点や心配なことがあれば積極的に質問を。とくに自費診療は高額になることがあるので、迷ったらその場で結論を出すのは避けたほうがよいでしょう。

その前に、からだの健康にもつながる歯の健康のために、かつ経済的にも負担が少ないのが、痛くならないように,悪くならないように、定期的に歯科医院に通うことが大切です。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。