文字サイズ

歯の治療が怖くて仕方がない方へ

歯の治療が怖くて仕方がない方へ

過去に受けた治療が痛くてたまらなかった、口の中に器械や器具を入れられるのがいやなどの理由で、歯の治療が怖いという方は少なくありません。なかには、う蝕(虫歯)がひどくなるまで受診を躊躇(ちゅうちょ)する人もいるようです。恐怖心を軽減できる方法があるので、一度歯科医院に問い合わせてみましょう。

薬で緊張を和らげる「精神鎮静法」

子どもが歯の治療を怖がるのはよくあることですが、大人でも苦手な人は意外と多いもの。治療時の痛みや、歯を削る器械の「キーン」という音に恐怖心を抱いたり、口の中に器械や器具などが入ると吐き気をもよおす「嘔吐(おうと)反射」が起こるために、歯の治療をためらう人がいます。

現在では、う蝕(虫歯)があっても、できるだけ歯を削らない・抜かない治療が行われるようになっています。また、歯肉(歯ぐき)に麻酔薬を注射する際の痛みを和らげるために、あらかじめ注射針を刺す部位に麻酔薬を塗布する「表面麻酔」を行うケースもあります。昔に比べて治療に伴う痛みは軽くなっていますが、それでも歯科治療に対して恐怖心がある人は、薬で精神的な緊張を和らげる「精神鎮静法」を検討しましょう。

精神鎮静法には、「笑気吸入鎮静法」と「静脈内鎮静法」があります。いずれも全身麻酔とは異なり、意識が完全になくなったり、痛みをまったく感じなくなるわけではありませんが、気分をリラックスさせる効果があります。

恐怖心から精神的な緊張が高まると、治療中に意識障害や血圧の低下、過換気発作などが起こる恐れもあるため、がまんは禁物です。

笑気ガスを吸入して心身をリラックスさせる「笑気吸入鎮静法」

笑気吸入鎮静法では、低濃度の笑気ガス(医療用のガス)と酸素を、専用のマスクを用いて鼻から吸入します。吸入を開始して少し経つと、手足がしびれ、体がぽかぽかと温かくなります。お酒に軽く酔ったときのような心地よさがあり、リラックスして恐怖心が和らぎます。しかし、笑気吸入中に意識がなくなることはありません。時間の経過が気にならなくなり、治療に時間がかかったとしても、短時間で終わったように感じます。
笑気によって痛みに対して鈍感(鎮痛効果)になりますが、痛みが完全になくなるわけではないので、必要に応じて局所麻酔を併用します。

笑気吸入鎮静法の利点は、調節性があり、呼吸、循環機能の抑制が少なく、安全性が高いことです(下記)。吸入をやめると、笑気ガスは短時間で体内から排出されます。体がふらついたりせず、正常な状態に戻っていることを確認できれば、治療後はすぐに帰宅することができますし、車や自転車の運転も可能です。

笑気吸入鎮静法の利点と欠点

【利点】

  • 調節性に優れる。
  • 回復が速い。
  • 術者に技術があまり要求されない。
  • 緊急時には酸素投与ですばやく覚醒できる。
  • 快適な覚醒が得られる。
  • 患者の協力が得られる。

【欠点】

  • 室内汚染
  • 鼻マスクによる会話や治療の抑制。
  • 導入に時間がかかる。
  • 気管支喘息患者には使用できない。
  • 鎮痛効果が不確実な場合がある。

より高い鎮静効果が得られる「静脈内鎮静法」

一方、静脈内鎮静法は、抗不安薬や麻酔薬を点滴で静脈内に投与するもので、笑気吸入鎮静法より高い鎮静効果が得られます。治療中は、モニターで心拍数や血圧などの全身状態を確認しながら、投与する薬の量を調整します。意識はあるものの、うとうとと眠っているような状態になります。笑気吸入鎮静法と同様、治療内容によっては局所麻酔を行うことがあります。

静脈内鎮静法を行っている間に嘔吐による窒息や誤嚥(ごえん)が起きないように、治療前は胃が空になるように絶飲食が必要です。通常の食事は治療の8時間前まで、飲料の摂取は治療の2時間前までに摂取することがすすめられています。

治療後は体がふらついたり、眠気を感じたりするので、1~2時間程度別室で安静にして回復を待ちます。帰宅する際は、できるだけ誰かに付き添ってもらいましょう。
治療当日は車や自転車などの運転、飲酒、激しい運動などは控え、帰宅後も安静にします。また、重要な判断を必要とする仕事も避けたほうがよいでしょう。

精神鎮静法は、どこの歯科医院でも受けられるわけではありません。まずはかかりつけの歯科医師に相談し、必要に応じて適切な医療機関を紹介してもらいましょう。
なお、嘔吐反射がひどい場合は、嘔吐反射外来やリラックス歯科治療外来のある病院もあります。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。