文字サイズ

顎関節症と深いかかわりがある「TCH(歯列接触癖)」

顎関節症と深いかかわりがある「TCH(歯列接触癖)」

口を閉じているときに、無意識に上下の歯を軽く持続的に接触させる癖を「TCH(Tooth Contacting Habit、歯列接触癖)」と呼び、パソコン作業など何かに集中しているときに起こりやすくなります。顎や歯に負担がかかり、顎関節症や歯の痛みなどの原因になるといわれています。

軽い力でも、長時間上下の歯を接触させていると……

口を開けようとすると痛みが走ったり、「カクカク」「ジャリジャリ」などと音がする「顎関節症(がくかんせつしょう)。(参考:顎が痛くてつらい「顎関節症」
その原因の一つとして注目されているのが「TCH」で、日本語では「歯列接触癖」といいます。口を閉じているとき、本来、上の歯と下の歯の間には「安静空隙(あんせいくうげき)」と呼ばれる数mmのすき間があります。上下の歯が接触するのは主に食事や会話をしているときだけで、1日の合計で20分程度しかないといわれています。「歯列接触癖」は、東京医科歯科大学顎関節症治療部の木野孔司先生のグループが報告(*)された呼称です。

ところがTCHがある人の場合、自分では意識せずに上下の歯を持続的に接触させてしまいます。くいしばりや歯ぎしりのような強い力ではなく、上下の歯が軽く触れるだけですが、それが1日何時間にも及ぶことで顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん)に大きな負担がかかり、顎関節症が起こりやすくなると考えられています。また、歯の痛みや歯周病、肩こりなどを招くこともあります。ただし、TCHがあっても問題がなければ、特に気にする必要はありません。

TCHは、パソコン作業などのように何かに集中しているときや、ストレスを感じているときなどに起こりやすいとされます。しかし、ストレスに関係なく、リラックスしているつもりの時でも、無意識下でTCHが持続していることもあります。舌の縁がデコボコしていたり(舌圧痕)、頬の内側に盛り上がった白い線のようなものができている(頬圧痕)ときや骨の膨らみ(骨隆起)があるときは、要注意。それは、TCHによって舌や頬に歯が押しつけられ、歯の跡がついている証拠です。さらに、TCHが継続すると骨の膨らみ(骨隆起)となります。しかし、悪性のものではありませんので安心してください。(参考:歯軋り(ブラキシズム)はなぜ起こるの?口呼吸の落とし穴

(*)参考文献
Sato F, Kino K, Sugisaki M, Haketa T, Amemori Y, Ishikawa T, Shibuya T, Amagasa T, Shibuya T, Tanabe H, Yoda T, Sakamoto I, Omura K, Miyaoka H.: Teeth contacting habit as a contributing factor to chronic pain in patients with temporomandibular disorders. J Med Dent Sci. 2006;53(2):103-109.

メモを貼って癖を自覚しよう

TCHは無意識のうちに起こる癖ですから、その癖を自覚して改善することが大切です。そのために有効なのが、メモを貼ること。「上下の歯を離す」「リラックスする」などと書いたメモを、パソコンやデスク、テレビ、ドア、冷蔵庫など、目につくところに貼りましょう。できれば、10枚以上貼ってください。
そして、メモを目にしたときに上下の歯が接触していたら、鼻から大きく息を吸った後に口から一気に吐き、肩の力を抜きましょう。こうすることで、上下の歯を接触させる癖を減らすことができます。
早い人なら数週間もすれば効果が現れますが、顎のつらい症状が改善しない場合は、歯科医師に相談してください。

稲垣 幸司 先生

監修者 稲垣 幸司 先生 (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授 同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)
愛知学院大学歯学部卒業 同大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。愛知学院大学歯学部助教授、2007年より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会専門医、子どもをタバコから守る会・愛知世話人代表、禁煙心理学研究会世話人、日本小児禁煙研究会理事。アメリカ歯周病学会、国際歯科研究学会、日本歯周病学会、日本禁煙学会、日本骨粗鬆症学会、日本歯科衛生学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗鬆症や糖尿病との関係や脱タバコ教育、禁煙支援に関する研究などを行う。