文字サイズ

女性は思春期、妊娠・出産期、更年期に歯周病になりやすい

女性は思春期、妊娠・出産期、更年期に歯周病になりやすい

 歯周病菌のなかには、女性ホルモンを栄養源として増殖するタイプのものがあり、女性は男性よりも歯周病になりやすいことがわかっています。特に女性ホルモンの分泌量が大きく変化する思春期、妊娠・出産期、更年期には、歯周病のリスクが高まるので、予防や早期治療に努めましょう。

思春期は女性ホルモンが増加。生活習慣も乱れるなど歯肉炎が悪化しやすい

 男女ともに11~14歳ごろになると、ホルモンのバランスが大きく変わりますが、特に女子では女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)の分泌が活発になります。さらに、食事が不規則になったり間食が増えたり、歯磨きをおろそかにしてしまったりと、生活習慣も乱れがち。
 そのため、プラーク(歯垢)中の歯周病菌が増殖しやすく、歯肉(歯ぐき)が赤くぶよぶよしたり、出血がみられたり、口の中がねばねばするなどが特徴の「月経周期関連歯肉炎」が起こりやすくなります。思春期前から予防に努めたり、きちんと治療しておくように、保護者もよく注意しましょう。
 なお、ごくまれですが、わずか2年ほどで歯が抜けるほど急激に歯周病が悪化する「侵襲性(しんしゅうせい)歯周炎」にかかることもあります。歯肉の炎症に気づいたら、早めに歯科を受診しましょう。

歯周病がもっとも悪化しやすい妊娠・出産期。早産や低体重児のおそれも

 妊娠中は、女性ホルモンが急激に増えていきます。また、つわりで食生活が乱れたり、十分に歯みがきができなかったりして、口腔内の環境が悪くなりがちです。
 この時期の歯周病は妊娠関連歯肉炎といわれ、30~100%の妊婦さんに認められますが、重症化すると出産にも悪影響を及ぼします。歯周病のない妊婦に比べて早産のリスクが約2倍、低体重児を出産するリスクが約4倍にもなる(「妊娠中は口腔ケアを念入りに」参照)ことがわかっているので、早めの治療が重要です。

更年期には歯肉に強い痛みの出る「慢性剥離性歯肉炎」にかかることも

 更年期には女性ホルモンの分泌量が減って骨がもろくなることや、唾液の分泌量が減ることにより、歯周病が悪化しやすくなります(「歯周病と骨粗しょう症は一緒に予防することが大切」参照)。
 また、歯周病とは別に、歯肉が赤く光沢がある状態になり、ただれて焼けるような痛みや出血がみられる「慢性剥離性(はくりせい)歯肉炎」になることもあります(「女性に多い、歯肉がはがれる病気!『慢性剥離性歯肉炎』とは!」参照)。重症化すると激しい痛みで食事が困難になるうえ、治りにくく再発しやすいため、放置せず早めに治療を受けましょう。内科的治療が必要となる場合もあります。

和泉 雄一 先生

監修者 和泉 雄一 先生 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 歯周病学分野 教授)
1979年東京医科歯科大学歯学部卒業、83年同大学院歯学研究科修了(歯学博士)。87年ジュネーブ大学医学部歯学科講師、92年鹿児島大学歯学部歯科保存学講座2助教授、99年同教授を経て、2007年東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(歯周病学分野)。08年東京医科歯科大学歯学部附属病院病院長補佐、14年より東京医科歯科大学副理事、日本歯周病学会理事長。日本の歯周病学・歯周治療学の第一人者。特に、歯周病と全身との関わり、歯周組織再生治療、歯科レーザー治療を専門としており、多数の難治症例を手掛けている。