文字サイズ

口臭が気になるときは、原因を調べて臭いのもとを絶とう

口臭が気になるときは、原因を調べて臭いのもとを絶とう

 だれにでも多少の口臭はあります。あまり神経質になるのはよくありませんが、強い口臭が続く場合は原因を確かめて対策をとりましょう。口臭の原因はさまざまですが、まずは歯科医院でチェックしてもらうのが早道です。

口臭の原因の多くは、口の中のトラブルによる細菌の増殖

 口臭の原因は、口の中のトラブル、鼻やのどの病気、消化器や呼吸器の病気、糖尿病、腎臓病などさまざまですが、一番多いのは口の中のトラブルによって口内細菌が増殖することです。

 口の中には新陳代謝ではがれた粘膜や食べ物のカスなどのたんぱく質が豊富です。このたんぱく質が口内細菌、特に嫌気性細菌によって分解されると、臭いを出すさまざまな物質が発生します。特にメチルメルカプタンや硫化水素など揮発性(きはつせい)のイオウ化合物は、「腐ったたまねぎ」、「腐ったたまご」などといわれるような強い臭いを発して、口臭の原因になります。
 口の中の清掃が不十分だと、細菌のエサとなるたんぱく質が増えて細菌も増殖します。まずはきちんとした歯磨きで口の中を清潔にして、口臭のもとを絶ちましょう。

唾液の減少や舌苔も口臭の原因に

 唾液の分泌量も口臭に大きくかかわっています。唾液には、口の中をきれいに洗い流し、細菌の繁殖を抑える働きがあるため、唾液の分泌量が減ると口臭が強くなります。起き抜けに口臭が強くなるのは、睡眠中は唾液の分泌が少なくなるためです。ストレスや緊張で口の中が渇くといったときも、口臭は強くなります。
 唾液の分泌をよくして口の中の乾燥を防ぐには、食事はよくかんで食べる、水分をよくとる、ストレスをためないことなどが大切です。

 また舌苔(ぜったい)といって、舌に白から淡黄色のコケのような付着物がついている場合も臭いが発生します。舌苔ははがれた粘膜やたくさんの口内細菌からできていて、多量にたまると口臭を強くします。
 舌苔をためないようにするには、舌のそうじが有効です。専用の舌ブラシを使って、舌の奥から前方に向かってそっとブラッシングします。力を入れすぎたり、前後にブラッシングしたりしないように注意しましょう。
 疲れがたまっていたりすると舌苔が増えやすくなるので、睡眠を十分とるなどして体調を整えることも大切です。

歯周病は特に強い口臭をひきおこす

 口の中の病気では、歯周病や大きなむし歯などが口臭の原因になります。
 なかでも歯周病は特に強い口臭をひきおこします。歯肉に炎症がおこると、歯と歯ぐきの間にすきま(歯周ポケット)ができ、そこで歯周病菌をはじめとする口内細菌が繁殖して臭いを発します。炎症が進んで歯周ポケットがさらに深くなり、歯ぐきが膿(うみ)を持って腫れたり出血するようになると、そこからも臭いが発生して口臭はさらにひどくなります。
 歯周病やむし歯は治療することで口臭も軽減します。歯周病は自覚症状がほとんどないため、口臭が気になったり歯磨きで出血するようなときは、早めに歯科医院を受診しましょう。

 口の中以外の病気の場合、たとえば糖尿病では甘酸っぱい臭い、肝臓病では魚の腐ったような臭いのように、その病気特有の口臭がすることがあります。
 口臭が気になるときは一度歯科医院を受診し、原因が口の中にあるのか別のところにあるのか調べてもらい、早めに必要な対策をとりましょう。

和泉 雄一 先生

監修者 和泉 雄一 先生 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 歯周病学分野 教授)
1979年東京医科歯科大学歯学部卒業、83年同大学院歯学研究科修了(歯学博士)。87年ジュネーブ大学医学部歯学科講師、92年鹿児島大学歯学部歯科保存学講座2助教授、99年同教授を経て、2007年東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(歯周病学分野)。08年東京医科歯科大学歯学部附属病院病院長補佐、14年より東京医科歯科大学副理事、日本歯周病学会理事長。日本の歯周病学・歯周治療学の第一人者。特に、歯周病と全身との関わり、歯周組織再生治療、歯科レーザー治療を専門としており、多数の難治症例を手掛けている。