文字サイズ

歯周病治療の流れを知っておこう

歯周病治療の流れを知っておこう

 歯周病になっても、歯肉炎や軽度の歯周炎などの場合は、歯垢(プラーク)を除去する適切なセルフケアと、歯垢(プラーク)や歯石を専門的に除去するプロフェッショナルケアで治ります。しかし、ある程度症状が進んでしまった場合は、歯肉(歯ぐき)を切開するなどの外科治療が必要になることもあります。

検査・診断を受け、正しいセルフケアをマスターすることから始まる

 歯周病でも歯肉炎などの軽度の段階であれば、適切な歯磨きなどのセルフケアで健康な状態に戻すことができます。しかし、中等度以上に進んでしまうと、その進行度に合わせて歯科での治療が必要になります。
 治療ではまず、歯の動揺度、歯周ポケットの深さ、噛み合わせなどの検査や歯槽骨の状態を調べるX線検査など必要な検査をして、進行度を診断します。
 そのうえで治療が行われますが、治療の大きな目的の一つは歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や歯石を取り除くこと。そのためには、正しいセルフケアをマスターすることが必要不可欠なので、適切なプラークコントロールの方法を学ぶことが治療の第一歩になります。同時に、噛み合わせが悪い場合は、噛み合わせの調整も行われます。

器具を使って歯石を取り除き、歯の表面をきれいにする

 次に、器具を使って歯石を取り除くスケーリングと、歯の表面を滑らかにして歯垢をつきにくくするルートプレーニングが行われます。
 歯に歯垢(プラーク)がこびりつくと、次第に石灰化して歯石になります。歯石となると、セルフケアだけでは取り除くことが困難になり、歯石は炎症を進ませる大きな原因となるため、歯科医院での除去(スケーリング)が必要になるのです。
 スケーリングのあとは、歯根の表面がざらざらになり、歯垢がつきやすい状態になってしまうので、歯根の表面を滑らかにするルートプレーニングがセットで行われます。歯周ポケットが深い場合には、局所麻酔を使ってスケーリング・ルートプレーニングが行われることもあります。

歯垢が取りきれないときは歯肉(歯ぐき)を切開する手術が行われることも

 スケーリング・ルートプレーニングで、歯周ポケットの深い部分の歯石が取りきれないときには、外科手術が必要になることもあります。その代表的なものが「フラップ手術」です。まず、局所麻酔を行い、歯肉(歯ぐき)を切開して、歯石を取り除き、歯根の表面をきれいにします。さらに炎症を起こして肉芽となっている部分の組織を切除したあと、歯肉を戻して縫合します。3カ月から半年ほど経過すれば、歯肉(歯ぐき)と歯根面がくっついてきます。
 フラップ手術で病変を取り除くことはできたものの歯周組織の破壊が深いときなどは、歯周組織を再生する治療が行われることもあります。ただし、こうした先端的な治療の適応となるケースは限られています。
  いずれにしろ、いったん歯周病の治療が終わっても、定期的な歯のチェックとセルフケア、プロフェッショナルケアを続けていくことが肝心です。それにより、歯周病の再発を防ぎ、自分の歯を健康に保つことが可能になります。

和泉 雄一 先生

監修者 和泉 雄一 先生 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 歯周病学分野 教授)
1979年東京医科歯科大学歯学部卒業、83年同大学院歯学研究科修了(歯学博士)。87年ジュネーブ大学医学部歯学科講師、92年鹿児島大学歯学部歯科保存学講座2助教授、99年同教授を経て、2007年東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(歯周病学分野)。08年東京医科歯科大学歯学部附属病院病院長補佐、14年より東京医科歯科大学副理事、日本歯周病学会理事長。日本の歯周病学・歯周治療学の第一人者。特に、歯周病と全身との関わり、歯周組織再生治療、歯科レーザー治療を専門としており、多数の難治症例を手掛けている。