文字サイズ

イヤな口臭 自分でできるチェック法と予防法

イヤな口臭 自分でできるチェック法と予防法

口臭があるのでは……という不安があると、人前に出にくく、コミュニケーションに問題を抱えがちです。口臭は、誰にでも多少はあるため、気にし過ぎないことも大切ですが、口臭の原因や起こり方をよく知り、自分でできる予防法をとり入れてみましょう。

口臭には、一時的な「生理的口臭」と歯周病菌による「病的口臭」がある

口臭は、原因によって「生理的口臭」と「病的口臭」に大きく分けられます。生理的口臭は、一時的なものなので誰にでもあります。病的口臭は、お口の中の病気、内科的病気が原因で、病気を治す必要があります。

生理的口臭:唾液分泌の減少や、食べカスなどによる「舌苔(ぜったい)」が原因

生理的な口臭は、完全には防ぐことができない、いわば誰にでも起こる口臭です。起床時や空腹時、緊張・ストレスが高まったとき、月経前などに、唾液の分泌が減少します。このとき、口の中が乾いて細菌が増えやすい環境になり、一時的に口臭が強まります。

一方、口の中に残った食べカスや、新陳代謝ではがれた口の中の粘膜といったたんぱく質を、口の中の細菌が分解する際に、玉ねぎや卵が腐ったようなにおい(イオウ化合物)が発生します。これが口臭の正体です。食べカスなどのたんぱく質は、舌の表面で舌苔(ぜったい)をつくり、口臭の大きな原因となります。

ニンニク、玉ねぎなど臭いの強いものを食べた後や、喫煙、飲酒後の口臭も生理的口臭に含まれます。

病的口臭:歯周病菌が膿や血液を分解し、口臭のもとになるガスが発生

病的口臭の最大の原因は歯周病です。腫れた歯茎から出た膿(うみ)や血液を、歯周病菌が分解し、このときに口臭の原因になるガスを発生します。同じエレベーターに絶対乗りたくないほど強烈な臭いです。また、大きな虫歯を放置してあると、その中に食べかすや細菌がたまり口臭の原因になります。まず、虫歯や歯周病をきちんと治療することが大切です。

このほか、副鼻腔炎(蓄膿症)をはじめとする耳鼻咽喉科系の病気をはじめ、胃潰瘍(かいよう)や糖尿病、肝臓病、腎臓病なども口臭の原因になるとされています。口臭を抑える治療を受けても、なかなか口臭が治まらない場合は、内科などの医師にも相談してみましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。