文字サイズ

自分に合っていないと逆効果かも……歯ブラシの正しい選び方と交換目安

自分に合っていないと逆効果かも……歯ブラシの正しい選び方と交換目安

毛先が広がった歯ブラシや、自分の歯や歯茎に合わない歯ブラシを使い続けていませんか。なんとなく磨いているだけ、というブラッシング習慣では、このような歯ブラシのチェックも難しいでしょう。毎日のブラッシングに注意を払い、歯ブラシ選びや交換の時期にも気をつけるようにしてみましょう。

歯周病なら「やわらかめ」、それ以外は「ふつう」の歯ブラシで

たとえ毎食後、歯を磨く習慣が身についていたとしても、適切な歯ブラシで正しくブラッシングしないと、かえって歯や歯茎に負担がかかる恐れがあります。

歯ブラシを選ぶときは、毛が植わっている部分(植毛部)の大きさや、植毛の列数、毛の硬さなどに注意して、自分に合ったものを選びましょう。

植毛部の大きさは、大きすぎれば口の中で動かしづらくなり、細部まで毛先が届かなくなります。小さすぎれば、全体を十分に磨きづらくなります。使ってみた感触で選び、口が小さい人は小児用を使ってみるのもよいでしょう。植毛の列数は、ブラッシングの方法によって使い分けると効果的です(後述)。

毛の硬さは、硬いほうが歯の汚れは取りやすくなると思いがちですが、ターゲットの歯垢は柔らかいので普通の硬さで十分です。硬いと、かえって歯茎を傷つけてしまう場合があります。軟らかすぎれば、歯の汚れが取りにくくなります。歯茎に歯ブラシをあてたとき、とくに痛みを感じない程度の硬さを目安にしましょう。すでに歯周病にかかって腫れている場合は、「やわらかめ」がおすすめですが、それ以外は「ふつう」でよいでしょう。

毛先の広がった歯ブラシは使わない。1カ月に1回を目安に定期的に交換を

一方、歯ブラシを取り換える目安は、毛先の広がり方次第ともいえます。広がってしまった毛先では、歯と歯茎の境目、歯と歯の間など、毛先を届かせたい箇所に毛先が届きづらくなるだけでなく、広がった毛先で口の中を傷つけるおそれもあります。植毛部よりも毛先が外に広がっているのに気づいたら、早めに交換するようにしましょう。

また、うっかり、毛先が広がった歯ブラシを使い続けてしまわないように、1カ月に1回程度、定期的に交換するのもよいでしょう。1カ月ももたずに、毛先が広がるようなら、ブラッシングが強すぎるか、歯ブラシの毛の硬さが合っていない恐れもあります。ブラッシングの仕方などを見直すきっかけにしてください。

なお、歯ブラシ交換は電動歯ブラシでも必要です。説明書に従って、適切に交換してください。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。