文字サイズ

あなどれない「口内炎」。舌がんにも備えましょう

あなどれない「口内炎」。舌がんにも備えましょう

舌や歯ぐき、くちびるも含め、口の中の粘膜に起こった炎症が「口内炎」です。痛む、ヒリヒリする、しみるといった不快な症状がつきものですが、ほとんどの場合、自然に治ります。ただ、なかにはがんや、その前ぶれとされる病変の場合もあるため、軽視してばかりもいられません。

ストレスやビタミン不足、ウイルス(ヘルペス)感染なども引き金に

最も一般的な口内炎はアフタ性口内炎です。表面が白く、まわりが赤く、その真ん中が浅くくぼんでいるのが特徴です。円形やだ円の潰瘍(かいよう)であり、痛みが出ます。ほおの内側やくちびるの内側、舌、歯ぐきなどに、一度に1~数個できます。1週間程度で自然に治りますが、再発しやすい傾向があります。

原因はよくわかっていませんが、過度なストレス、不規則な生活・睡眠不足、唾液不足・口の中の乾燥、ビタミンや鉄分の不足、そして口の中の不衛生からも起こりやすくなると考えられています。

もうひとつは、ウイルス性の口内炎、特にヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス(くちびるにできる)、口内ヘルペス(口の中の粘膜にできる)がよくみられます。小さな水ぶくれ(水疱、すいほう)が発生し、破れて赤くただれたりします。痛みが出たり、チクチクするなどの違和感を伴いがちです。子どもの場合、手足口病などで、口に同様の水疱ができることがあります。

2週間たっても治らないときや、患部が大きくなってきたら要注意

熱い食べ物や飲み物で口の中をやけどした、歯や入れ歯、かぶせ物、歯列矯正の器具などが、いつも口の中に当たっている――。こんな「刺激」も口内炎につながります。粘膜が白くなったり、赤くなったりして、痛みが出ます。

こうした物理的な障害による口内炎は、気にはなるものの、がまんできないほどでもないし…と放置されがちです。しかし、刺激による口内炎が繰り返し起こり、損傷と修復が繰り返されていると、患部ががん化するおそれがあり、注意が必要です。

その口の中にできるがんの約半数は、舌がんが占めているとみられています。早期の小さな舌がんは、白く濁っており、口内炎と見分けがつきません。痛みがないぶん、放置されがちです。進行すると、潰瘍や不ぞろいのでこぼこができ、硬くなり、痛みも出ます。

この口の中のがんの前がん病変と見られているのが白板症です。粘膜が白く変化した状態であり、一部は時間が経つとがん化することがあると考えられています。白板症から、徐々に潰瘍ができ、硬くなって舌がんに進むケースもあります。

通常の口内炎なら、患部が大きくなることはなく、1週間程度で自然に治ります。これに対して、舌がんは当然、自然に治ることはなく、徐々に大きくなっていきます。白板症も自然には消えずに、広がることがあります。

すなわち、口内炎と思っても「2週間たっても治らない」「大きくなってきた」という場合は、歯科医師や耳鼻咽喉科の医師に相談してみましょう。こうした事態に早めに気づくために、口の中や口のまわりを定期的によく観察することを習慣にしましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。