文字サイズ

一生ものの永久歯を守る学齢期、歯並びや噛み合わせの不具合への対応も

一生ものの永久歯を守る学齢期、歯並びや噛み合わせの不具合への対応も

小学校に入る(6歳)ごろになると、乳歯から永久歯への生え替わりが始まります。一生ものとなる永久歯をどのように守っていくのか。歯の生え方や歯並びによっては矯正も気になります。親から離れて活発に遊び回るようになり、口や歯のけがも心配です。これらの課題に備える口腔ケアのポイントをよく知っておきましょう。

第一大臼歯は最も重要ながら、最もケアが難しくむし歯になりやすい

一般的に永久歯は下の前歯(中切歯)から生えてきます。次いで生えてくるのが、下の第一大臼歯。乳歯と生え変わるのではなく、乳歯の後ろに生えてくる大きな歯です。第一大臼歯は噛む力が最も強く、噛み合わせのカギとなるため、とくに気をつけてケアしたい歯です。

ところが、この時期の第一大臼歯は最もむし歯になりやすい歯とされています。生えてきたことに気づきにくく、生え始めても一部が歯肉に隠れている期間が長く、この間、ブラッシングを行き届かせることが難しいためです。さらには噛む面の溝が深く、複雑な形をしていることもブラッシングを困難にさせます。

また、第一大臼歯に限ることではありませんが、歯の生え始めは表面が成熟していないため、最もむし歯に侵されやすい状態です。そのため、むし歯の原因になる、砂糖を含んだ飲食物の与え方にも注意が必要です。だらだらと甘い食べ物・飲み物を摂り続けないように、量や摂る時間を決めるといった対応が必要です。

歯並びや噛み合わせの不具合は、外見上だけでなく口の機能への影響も

永久歯への生え替わりの時期は、あごの成長とともに、乱食い歯、受け口、前に出た上の歯といった、歯並びや噛み合わせの不具合がはっきりしやすくなる時期でもあります。これらの不具合や、それに伴う口の動かし方などのクセは、外見上の問題だけでなく、口の機能に影響を与える場合もあります。

うまく噛めずに丸飲みや早食いをしたり、硬い物が食べられなくなってしまったり、口呼吸や発音障害につながることがあります。また、ブラッシングが難しくなって、むし歯や歯肉炎にかかりやすくなるほか、転んだときに口や歯を傷つけやすくなる場合もあります。

多くの場合、放置せずに矯正治療などの何らかの対策をすることが必要になりますが、開始時期や治療の詳細について専門の歯科医師によく相談してから検討しましょう。

なお、「上の前歯が出ている」子どもを対象にした矯正治療ガイドラインが、日本歯科矯正専門医学会から公表されています(2016年9月)。それによると、上の前歯が出ている子どもは、永久歯が生えそろうまでは矯正治療を行わないことを「強く推奨する」となっています。永久歯が生えそろう前に行う早期矯正治療の確実な有効性は確認されていないからです。

ただし、早期矯正治療が有効なケースもあり、歯科医師が必要十分な検査をしたうえで、早期矯正治療の有効性が確実と診断した場合は、「治療を行うことを患者さんに提案します」としています。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。