文字サイズ

一生ものの永久歯を守る学齢期、歯並びや噛み合わせの不具合への対応も

一生ものの永久歯を守る学齢期、歯並びや噛み合わせの不具合への対応も

歯が欠けたり折れたり、抜けたりしたら、すぐに歯科医院へ

小学校に入り、運動やスポーツでよく体を使うようになり、遊び方も活発になると、子どもによっては、歯が欠けたり折れたりしてしまうというケースも珍しくなくなってきます。

このような場合、すぐに歯科医院を受診してください。これらの歯の外傷によって歯の神経(歯髄)が細菌感染を起こすと、神経が腐って治療が難しくなることがあるからです。また、ぶつかった衝撃などで歯が抜けてしまった場合、できる限り早く歯を持って歯科医院に向かってください。

詳細については、「意外に多い歯のけが! その対処法」を参照してください。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。