文字サイズ

むし歯や歯周病が悪化しやすい妊娠・出産時こそ毎日の口腔ケアを

むし歯や歯周病が悪化しやすい妊娠・出産時こそ毎日の口腔ケアを

妊娠・出産時はホルモンバランスが大きく変動するうえ、ブラッシングしづらく、歯科にも通いづらい……。むし歯や歯周病をはじめとする口腔トラブルを招く条件がいくつもそろいがちです。しかし、歯周病菌は胎児にも影響を与える恐れがあるため、妊娠・出産時こそ毎日の口腔ケアをしっかり続けることが大切です。

ホルモンの変化で妊娠性歯肉炎に。歯周病菌による早産・低体重児出産も

妊娠するとホルモンのバランスが大きく変わります。女性ホルモンのうちエストロゲンの分泌が増えることで、細胞の増殖が活発になり、歯肉の腫れを悪化させます。もう一つのプロゲステロンの分泌も過剰になり、血管を刺激して歯肉が腫れやすくなります。

これらは妊娠性歯肉炎と呼ばれ、通常のブラッシングの刺激でも容易に出血してしまうのが特徴です。軟らかめの歯ブラシを使って、鏡を見ながら、腫れをできるだけ刺激しないように、軽く痛くない程度にみがくようにしましょう。

歯周病にかかったまま妊娠すると症状が悪化しやすいため、歯周病がある人で妊娠を考えている場合は、事前に治療しておくことがすすめられます。妊婦の歯周病は、歯周病菌に対する免疫の働きが子宮を収縮させたり、歯周病菌が子宮内に侵入し早産や低体重児出産の原因になるとも考えられています。これを防ぐためにも、妊娠前からの早めの歯周病対策が望まれます。

つわりのときは増えがちな間食に注意、みがき方にもひと工夫

妊娠初期のつわり(悪阻・おそ)では、食欲が落ち、好きなものや甘いものの間食が増えがちです。その結果、プラークがたまりやすくなって、むし歯や歯周病の発症・悪化の一因となるので、注意しましょう。

さらに、吐き気のために歯ブラシを口の中に入れづらく、時間をかけてていねいにみがくことが困難になるため、次のような工夫をしてみましょう。

  • 歯みがき剤の臭いだけでも吐き気につながる場合があるため、臭いの少ないものを選ぶか、使わない
  • 大きな歯ブラシはのど付近を含め、口の中を刺激しやすいため、小さめの歯ブラシにする
  • 唾などが口にたまると吐き気が出やすいので、下を向いてみがき、唾などはためずに吐き出す
  • 奥歯は、歯ブラシをあててから前のほうにかき出すようにする

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。