文字サイズ

抜歯後の「出血」「痛み」「腫れ」「口の開けづらさ」への備えは?

抜歯後の「出血」「痛み」「腫れ」「口の開けづらさ」への備えは?

 むし歯が進んでしまった、親知らず(智歯)がむし歯になった、あるいは歯列矯正のために……理由はさまざまですが、「抜歯」が必要になる場合があります。抜歯そのものも患者には大きな負担ですが、抜歯の後も痛みや出血などがつきものです。これらの抜歯後に起こりがちな主な症状や、それぞれへの対処法を紹介します。

「出血」には、うがいを控え、丸めたガーゼを入れて強く噛み続ける

抜歯後に起こりやすいのは、まず「出血」ですが、にじみ出る程度のわずかな出血は問題になりません。また、大量に出血したように見えても唾液で薄まって量が増えている場合があります。

出血が続く場合の原因としては、歯のまわりの粘膜の損傷、歯を支える骨の中の血管損傷などのほか、体の病気や服用している薬などが影響していることもあります。

抜歯後、まだ完全には出血が止まっていないときに、強くブクブクうがいをすると、出血がひどくなることがあるのでやめてください。少なくとも、抜いた日のうがいは控えましょう。

応急処置としては、抜歯直後の止血と同様、清潔なガーゼなどを硬く丸めて抜歯した穴に置き、出血部位を圧迫するように30分ほど強くかみ続けてください。途中で緩めたり(口を開けたり)、ガーゼなどを取り出してしまうと効果が得られません。これで止血できなければ、抜歯をした歯科医院を受診しましょう。

傷口のフタが失われると、強い「痛み」が出るドライソケットも

麻酔が切れた後の「痛み」も抜歯後にはつきものですが、通常は丸一日も経てば気にならなくなります。それ以降も痛む場合は、歯の一部が歯肉などに残っている、抜いた歯のまわりの骨に亀裂が生じていたり骨折している、などが考えられます。

さらに、2~3日目以降に痛みが強くなってきた場合は「ドライソケット」のおそれがあります。抜歯でできた歯肉の傷には、血のかたまり(血餅・けっぺい)がかさぶたになって塞がれるものですが、これがはがれたりして傷口が開き、強い痛みがでるものです。ドライソケットは、抜歯後の強いうがいで血餅がはがれたり、細菌感染で血餅が溶け出してしまうことなどで起こります。

ドライソケットに対しては、薬剤をつけたガーゼを抜歯した穴に埋めて、治るのを待ちます。通常、2週間ほどかかります。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。