文字サイズ

深部の歯石を除去し、歯周ポケットをなくす「フラップ手術」

深部の歯石を除去し、歯周ポケットをなくす「フラップ手術」

 歯周病の治療は、原因となるプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことが中心になります。しかし、歯周病が進行すると、歯や歯肉の見えている部分だけの処置では十分な治療効果が得られなくなります。この場合、歯肉を切り開く外科的な手術が行われることがあり、基本になるのがフラップ手術です。

まず、適切なブラッシングの徹底、スケーリングなどで歯石を除去する

歯周病において、予防でも治療でも重要となるのは、適切なブラッシング習慣です。治療の際には、歯科医師や歯科衛生士の指導で適切なブラッシングの仕方を身につけていきます。

同時に、プラークや、プラークが固まった歯石を除去してもらいます。歯石などの除去には手用あるいは、超音波を利用したスケーラーという器具が使われ、スケーリングと呼ばれます。歯石による歯の表面の毒素を除去し、表面を削ってなめらかにするルートプレーニングも行われます。

こうした治療の前後に、歯石などの付着状況や歯肉からの出血、歯と歯肉の境目の溝である歯周ポケットの深さなどを検査し、治療効果を判定します。

歯肉を切開して炎症のある組織と、隠れていた歯石を徹底的に清掃

上記の検査の結果、治療効果が十分ではないと判定されると、フラップ手術のような外科的な手術が検討されます。多くは、歯石などが歯周ポケットの深い箇所にたまっているために、スケーラーを届かせることができず、歯石などを除去しきれない、といったケースです。

フラップ手術では、まず、治療効果が十分ではなかった箇所の歯肉を切り開きます。深い歯周ポケットがあるような、歯から離れてしまった歯肉には不良な肉芽組織ができているため、これを切除します。

続いて、歯周ポケットの中をきれいにします。切り開いているため、歯の根元部分も含め、今まで届かなかった箇所にもスケーラーが十分に届くようになり、しかも肉眼で確認できるため、徹底した歯石などの除去(清掃)が可能になります。

その後、歯と歯肉がすき間なく密着するように、切開した箇所を縫い合わせます。縫合箇所の上には、処置部位の保護のためシールのようなものを貼り、1~2週間後にはがし、同時に抜糸をして終了となります。手術時間は1~2時間であり、通院で受けることができます。手術後、間もなく食事も可能になります。術後に処方される化膿止めや痛み止めは、指示に従って正しく使いましょう。おおよそ手術後2~3カ月で、術後の違和感なども解消され、元の生活が可能になるとされています。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。