文字サイズ

口内炎や皮膚炎が治りにくいのは、歯科材料の金属アレルギーかも

口内炎や皮膚炎が治りにくいのは、歯科材料の金属アレルギーかも

 歯科治療後に、口内炎や全身の皮膚の炎症が頻繁に起こったり、なかなか治らないときは、むし歯の治療や歯列矯正で使われた歯科材料による「金属アレルギー」かもしれません。口以外に症状が現れた場合、「原因は歯の治療にある」とは気づきにくいので注意が必要です。

治療で使った金属が唾液と反応してイオン化、アレルギーの原因物質を作る

金属アレルギーといっても、むし歯などの治療で使われた金属そのものがアレルギーの原因になるわけではありません。

金属が唾液や皮膚と接触することで金属イオンとなって、少しずつ溶け出します。これが口の中で、さらには口の中の毛細血管に入り込んで、顔や手足など全身に回って、表皮や粘膜のたんぱく質と結合して、もともと体にはなかった「異種たんぱく」をつくります。これを体の免疫システムが異物として攻撃し(拒絶反応)、炎症などのアレルギー反応が起こるのです。

歯科治療では、詰め物(インレー)やかぶせ物(クラウン)のほか、部分入れ歯のバネやブリッジ、歯列矯正装置など、さまざまな治療で金属が使用されています。さらに、金属が唾液や皮膚と接触すること以外にも、飲食物や口内細菌で金属が酸性化したり、咀しゃくや歯磨きで金属がすり減ることなどでも金属イオンが発生しやすく、意外と金属アレルギーが起こりやすい条件がそろっているともいえます。

口の中だけでなく全身に皮膚症状、だるさなどの更年期障害のような症状も

歯科材料による金属アレルギーでは、主に次のような病変が起こり、粘膜がヒリヒリする、赤くなる、かゆみが出る、腫れる、紅斑や小さな水疱ができる、粘膜の一部がはがれ落ちる、といった症状がみられるようになります。

●歯科金属アレルギーによる主な病変
口の中 口内炎・舌炎/口唇炎・口角炎/歯肉炎/ほほや舌、口唇、歯肉などの粘膜に白い斑点などがあらわれる口腔扁平苔癬(たいせん)/舌が地図のようにひび割れる地図状舌(ぜつ)/味覚障害
全身
(顔や手足など)
アトピー性皮膚炎/湿疹/手のひらや足の裏に多数の膿疱ができる掌蹠膿疱(しょうせきのうほう)症

歯科材料による金属アレルギーは、口の中より、むしろ全身で起こりやすいともいわれています。その中には、上記の皮膚症状以外に、だるさやイライラ、頭痛や肩こりなど、更年期障害のような症状が現れる場合もあります。

原因に心あたりがないのに、これらの症状が続き、歯科治療で金属材料を使っている場合は、歯科医院や皮膚科に相談したほうがよいかもしれません。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。