文字サイズ

「かかりつけ薬局」をもって、安全でムダのない服薬を

ジェネリック医薬品がさらに安く、利用しやすくなりました

薬の重複や飲み合わせ、アレルギー歴がチェックできる

医療機関への受診の際には、かかりつけの医師に診てもらうことがすすめられています。それと同様に、処方された薬を受け取る薬局も、「かかりつけ薬局」を決めておき、いつも同じ薬局で調剤してもらうとよいでしょう。

例えば、複数の病気を治療しているときなど、同時にたくさんの薬が処方される可能性があります。その中で、同じ作用の薬が重複したり、のみ合わせのよくない(薬の成分同士が反応し、薬の効果が弱まったり、逆に強く出すぎて副作用が発生しやすくなるなどの相互作用が起こりやすい)薬があると、体に悪影響が現れる恐れがあるのです。しかし、同じかかりつけ薬局で薬を受け取るようにすれば、処方された薬を薬剤師がチェックしてくれるので、安全に服薬できます。また、同じ薬局なら、薬に対するアレルギーに関する情報も伝わりやすいので、安心です。

2016年4月からは、特定の薬剤師に服用中の薬の情報を一元的・継続的に把握してもらい、随時相談したり服薬指導を受けたりできる「かかりつけ薬剤師制度」も利用できるようになりました。この制度を利用するには、一定の条件を満たす必要があり、別途医療費も発生するので、まずはかかりつけ薬局に問い合わせてみましょう。

かかりつけ薬局にお薬手帳を持参すれば、医療費が安くなり、適切な処方につながる

また、かかりつけ薬局を使うと、薬の重複処方を避けられるだけでなく、残薬(のみ残してしまった薬)がある場合に調整してもらえたり、いちいち意思表示しなくてもジェネリック医薬品で処方してもらえたりするため、医療費の節約にもつながります。

さらに、2016年4月からは、かかりつけ薬局でお薬手帳を提出して薬をもらうと、医療費が安くすむようになりました。具体的には、前回の来局から6カ月以内に、同じ薬局(かかりつけ薬局)へお薬手帳を持参した場合に、「薬剤服用歴管理指導料」という医療費が安くなります。

お薬手帳は、家族も含めたこれまでの病歴や、アレルギーの有無などを事前に書いておき、処方された薬の情報を記載(貼付)していくことで、適切な医療につなげるものです。受診するときは、保険証や診察券と一緒に、お薬手帳も忘れずに持参しましょう。常に携帯するようにすれば、事故や大災害などの万一のときにも病歴や服薬歴がすぐにわかります。

「紙の手帳ではかさばってしまう」「持っていくのを忘れがち」という人には、いつも持ち歩いているスマートフォンによる、電子版のお薬手帳がおすすめです。スマートフォンと連携した「のみ忘れ防止アラーム機能」がついていたり、インターネット上にデータが保存されたりと、紙の手帳にはないサービスもあります。従来の紙の手帳だけでなく、電子版も選べる薬局が増えているので、一度、薬局でお薬手帳の相談をしてみましょう。