文字サイズ

軽度な不調には「セルフメディケーション」で、時間も医療費も節約しよう

軽度な不調には「セルフメディケーション」で、時間も医療費も節約しよう

スイッチOTC医薬品の使用で所得控除が受けられる新たな税制がスタート

「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことはありますか? WHO(世界保健機関)では「自分自身の健康に責任をもち、体の軽度の不調は自分で手当てすること」と定義されており、医療機関を受診するほどではない軽度な不調を、市販薬(OTC医薬品)を活用して改善し、健康管理することを指します。OTC医薬品は、処方せんがなくても購入できるため、医療機関や薬局の待ち時間の節約や、医療費の軽減につながります。

さらにわが国では、2017年1月1日から「セルフメディケーション税制」が始まります。これは、2021年12月末までの間、従来の医療費控除の特例として、特定の市販薬を年間一定金額以上購入した場合に所得控除が受けられるものです。これを機に、セルフメディケーションに取り組みましょう。

医療用医薬品と同様の有効成分が含まれる、スイッチOTC医薬品

セルフメディケーション税制の対象となっているのは、医療用医薬品を市販薬に転用した「スイッチOTC医薬品」のうち、かぜ薬、胃腸薬、鎮痛薬、水虫薬、湿布薬などの約1500品目です(2016年12月末現在)。スイッチOTC医薬品は、薬剤師の説明をよく聞いたうえで購入・使用するものが多くなっていますが、医療用医薬品と同様の有効成分が含まれており、一般の市販薬よりも高い効果が得られます。

ただし、セルフメディケーション税制が適用されるには、以下のような条件があります。詳しくは、厚生労働省「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」を参照してください。

  • 本人と扶養家族分を合わせた、対象となるスイッチOTC医薬品の購入金額が、年間1万2000円を超えている
  • 特定健康診査などの健診受診や、インフルエンザの予防接種など、健康の維持増進や病気予防のための「一定の取り組み」を行っていること(確定申告の際に、これらを受けたことを証明する領収書や結果通知表などの提出・提示が必要)
  • 従来の医療費控除制度と同時には利用できない

市販薬の使用もお薬手帳に書き込み、薬剤師に相談しながら使う

スイッチOTC医薬品に限らず、市販薬を使う際には、医療用医薬品と同様に十分な注意が必要です。注意点の一つは、気軽に使えるからといって、だらだらと使い続けないことです。鼻炎薬などを除き、市販薬の多くは長期使用を想定していません。同じ市販薬を長期に使用しなければいけないような体調なら、すぐに受診したほうがよいでしょう。

また、服用中の薬はお薬手帳に記録して、薬剤師に相談しながら使用するのがおすすめです。薬剤師からの説明を受けずに購入できる薬であっても、より安全に適切に使うには、あらかじめ使い方などの説明を受けたほうがよいでしょう。