文字サイズ

食中毒の季節! 予防には「つけない・増やさない・やっつける」

食中毒の季節! 予防には「つけない・増やさない・やっつける」

調理時は肉・魚用に包丁・まな板を使い分け、しっかり加熱・消毒を

気温も湿度も上昇、細菌の繁殖が盛んになり、食中毒が増える時期となりました。食中毒予防の三原則は食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」の3つです。

まず、食中毒菌を食品に「つけない」ためには、包丁やまな板などを複数用意し、肉・魚用と野菜用に分けて使うことがすすめられます。手から菌をつけないように、手洗いは、調理前、食事前は欠かさず、調理中に生ものを触ったときは特に念入りに行います。

食中毒菌は10度以下で活動が弱まるため、「増やさない」ためには、食品は常温で放置せず、冷蔵・冷凍庫を利用します。この季節は作り置きをしないようにしたほうが無難ですが、作り置きの料理を食べるときはしっかり再加熱し、できるだけ早めに食べ切るようにしてください。生鮮食材も作り置きの料理も、少しでも「あやしい」と思ったら、もったいないと感じても思い切って処分しましょう。

食中毒菌を「やっつける」ためには、肉などの中心部の温度を75度以上で1分以上加熱することが目安になります。特に子どもや高齢者のいる家庭では、しっかり加熱してください。食器はもちろん、調理器具からふきんまで、こまめに洗い、消毒しておきましょう。食器類など、煮沸できるものは煮沸すると効果的です。生で食べる野菜や果物は流水でしっかり洗いましょう。水道水に含まれる微量の消毒剤により、わずかながら消毒効果も期待できます。

お弁当の食中毒予防は「水分減らし」がポイント、涼しいところで保管を

普段のお弁当づくりでも食中毒予防を心がけてください。水分が多いと食中毒菌が繁殖しやすくなるため、お弁当づくりでの食中毒予防は「水分減らし」が大きなポイントになります。

お弁当箱はよく乾かしたものを使います。煮物を使う場合は、水気をよく切ってから入れ、仕切りを上手に使って、食材の水分がしみ出ないようにしてください。

夕飯の残りなど作り置きの料理や生野菜や果物は、この時期のお弁当では避けたほうがよいでしょう。

できあがったら十分にさまして、湯気が出ない状態にしてからフタをします。持ち運びの間はお弁当の上に保冷剤などを置いて温度上昇を少しでも抑えます。その後も、食べるまで、できるだけ涼しいところで保管してください。

楽しいバーベキューでも食中毒予防はお忘れなく、食材は現地調達に

アウトドアでバーベキューを行うときにも、食中毒予防をお忘れなく。手や食材・食器などが洗いづらくなる、食品の冷蔵保存が難しくなるなど、家庭内と比べ衛生環境が悪くなるため、普段よりもいっそう「つけない・増やさない・やっつける」を意識する必要があります。

楽しい雰囲気のなかでも、「しっかり手を洗う」「食材は十分に加熱し、生の食材をつまむときはトングなどを使って、食べる箸と一緒にしない」「生肉を触った手はきちんと洗う」などの食中毒予防の基本は守ってください。野菜を調理した後で肉を調理し、火が通りやすいようホイルに包んで蒸し焼きする、といったひと工夫をしてみてはどうでしょう。

移動中に食材を腐らせないように、食材はできるだけ現地(近くでの)調達にするのも食中毒予防につながります。食材を使う前には必ず状態をチェックし、「あやしい」場合は、思い切って処分してください。