文字サイズ

血圧が急上昇する「血圧サージ」。入浴時や朝は要注意

血圧が急上昇する「血圧サージ」。入浴時や朝は要注意

高齢者や動脈硬化、高血圧などの人は、脳卒中や心筋梗塞を起こす恐れ

寒い時季に、布団から跳び起きたり、冷たい床を素足で歩いたり、熱い湯に浸かったり……。そういった日常の行動によって、一時的に血圧が急上昇することを知っていますか。

通常、血圧は就寝中に低下し、目が覚める明け方ごろになると上昇し、夜また下がるという、ゆるやかな変動を繰り返しています。しかし、体が興奮したり緊張したり、急激な温度変化やストレスにさらされたりすると、一気に上昇する「血圧サージ」が起こることがあります。

健康な人には大きな問題はありませんが、高齢者や、動脈硬化のある人、元々高血圧の人などは、血圧サージを繰り返すと大変危険です。動脈硬化が進んだり血管にできたプラーク(コレステロールなどのかたまり)が破裂したりして、脳卒中や心筋梗塞などを起こし、命を落としたり、一命をとりとめても要介護状態に陥る場合があるのです。

入浴時は脱衣所や浴室を暖め、湯温は41度程度に。朝も温度変化を少なくする工夫を

冬の日常生活で、特に血圧サージが起こりやすいのは、入浴時です。毎年、高齢者が浴槽で溺れて亡くなったり、意識障害を起こして倒れたりといった事故が数多く報告されています。暖かい居室から、冷えた脱衣所に行って衣服を脱ぎ、冷えた体で熱い湯につかることにより、血圧が急上昇してしまうのです。

予防策としては、脱衣所にも暖房を入れる、浴室をあらかじめ湯気で暖めておく、お湯の温度を41度程度にするといったことが挙げられます。

また、朝も血圧サージのリスクが重なりやすく、早朝高血圧(「病院での測定で正常血圧でも安心できないことがある、ってホント?」参照)の人はもちろん、そうでない人も注意が必要です。寝床からゆっくり出る、寒いトイレには暖房を入れる、洗顔時にはお湯を使うなどの対策をしましょう。

部屋が暖かくても、足元が冷えていると血圧サージが起こりやすい

また、慶應義塾大学と自治医科大学などの共同研究では、足元の冷えが血圧サージにかかわっていることが明らかになっています。断熱性能の低い住宅に住む50歳以上の人の血圧を調べたところ、居間の室温が10度下がったときの血圧上昇が5mmHgだったのに対し、足元の室温が10度下がると血圧が9mmHgも上昇していたのです。居間の高さ1m付近の室温と足元の室温の差を比べてみると、平均で5度、最大で約10度低くなっており、部屋が暖かくても足元が冷えていることもわかりました。

暖かい空気は上のほうに溜まってしまうので、小型の扇風機やサーキュレーターなどで空気の流れを調整したり、ホットカーペットやヒーターなどを使ったりして、足元が冷えないよう工夫しましょう。スリッパや靴下、レッグウォーマーなどを着用して、素足で過ごさないようにするのも大切です。