文字サイズ

1月7日は、七草がゆで疲れた胃腸をいたわろう

1月7日は、七草がゆで疲れた胃腸をいたわろう

平安時代に生まれ江戸時代に広まった、無病息災を祈る風習

春の七草といえば、「セリ・ナズナ、ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ、スズナ・スズシロ」と五・七・五のリズムで覚えている人も多いでしょう。この七草を入れたおかゆを1月7日の朝に食べることで、邪気を払い無病息災を祈るのが七草がゆの風習です。

そもそもこの風習は、平安時代に中国から伝わった行事と日本で行われていたお正月の若菜摘みがひとつになって生まれたとされます。野草の強い生命力にあやかり長生きができるとされ、宮中行事だったものが庶民に広まったのは江戸時代といわれています。一般的に言われている七草の種類は、京都の冷泉家に伝わる歌が元になったといわれ、時代や地方によって違った種類になります。

年末年始の食べ過ぎで疲れた胃腸を休ませ、不足しがちなビタミンを補給できる

七草とおかゆという取り合わせは消化によく、疲れた胃腸を休める効果があります。また、冬の食卓に不足しがちなビタミンを豊富に含むことも特徴です。昔ながらの行事食が、実は理にかなっていたというわけです。

●七草の主な栄養成分や効能

セリ…カロテン、ビタミンCを含み、食欲増進、整腸の作用があります。
ナズナ(ペンペングサ)…ミネラル、ビタミンA・B1・B2が豊富。消炎、腹痛・下痢止めの効果があります。
ゴギョウ(ハハコグサ)…栄養成分はまだわかっていませんが、咳や痰を抑え、利尿効果があります。
ハコベラ…たんぱく質、鉄分を含み、利尿作用があり、胃腸炎にもよいとされます。
ホトケノザ…食物繊維のほか抗酸化物質を含み、胃腸によい特徴が。
スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)…いずれもビタミンCが豊富で、消化酵素の助けで消化が促進され、胸焼け防止にもなります。

作る際は火を通しすぎず、きちんとあく抜きを。さまざまなアレンジも可能

春の七草は、手に入りにくいものもありましたが、最近はスーパーなどで「春の七草セット」として売られるなど、お正月過ぎの食材売り場では身近なものになりました。また、足りないものはほうれん草や長ねぎ、三つ葉などで代用してもいいでしょう。

七草がゆの作り方のコツは、火を通しすぎないこととあく抜きをきちんとすること。スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の実の部分は、薄切りにしてやわらかくゆでます。それ以外の材料は、塩をひとつまみ入れたお湯でさっとゆで、すぐ水にとり、あくを抜きましょう。水気を絞って細かく切ったら、もう一度軽く絞り、塩で味を調えたおかゆに混ぜ合わせます。

また、七草の少しの苦みや香りが苦手な人には、だしを使った和風やコンソメとチーズを入れた洋風、ホタテなどを使った中華風にすると、バリエーションが楽しめます。

また、おかゆ以外にもいろんな料理にアレンジが可能です。味噌汁、スープやうどん、パスタなどと合わせると緑が鮮やかに映え、食欲をそそるので、おすすめです。

年末年始に暴飲暴食をしてしまったなぁと感じたら、春の七草でリセットしましょう。