文字サイズ

「全国がん登録」速報初公開――がんの実態を把握し、がん対策に活用

「全国がん登録」速報初公開――がんの実態を把握し、がん対策に活用

2016年に全国の医療機関で診断された、すべてのがんのデータを集計

先月(2019年1月)、厚生労働省が「全国がん登録」による2016年のがん罹患(りかん)数・罹患率の速報を公表しました。全国がん登録とは、2016年から施行された「がん登録等の推進に関する法律(がん登録推進法)」に基づいて作られた、がんの実態を把握するためのデータベースです。

これまでは、各都道府県による「地域がん登録」のみにより、がん罹患数(1年間に新たに診断されたがんの数)と罹患率(新たに診断されたがんの、人口10万人あたりの割合)が算出されていましたが、今回初めて全国がん登録による集計値がまとめられたことになります。

全国がん登録の情報によって、より効果的ながん対策が行えるようになる

全国がん登録では、患者さんががんと診断されたときに、診断した医療機関が登録の手続きを行います。記録される項目は、患者さんの氏名や性別、生年月日、医療機関名、がんの発見経緯や種類、進行度、治療内容、診断日の居住地などです。また、医療機関単位で集計を行う「院内がん登録」では、さらに詳細な診断や治療の情報が収集されます(いずれも登録の際に患者さんの同意を求めることはありませんが、個人情報保護にあたっては、がん登録推進法に基づく厳重な安全管理体制が整備されています)。

全国がん登録の情報は、がんが最大の死因となっているわが国において、がん医療向上や確実ながん予防・がん検診を進めていくうえで中心的な役割を果たします。がん登録のデータを他のデータと組み合わせて分析することで、これまで行われているがん予防法・がん検診の効果や、がんの診療を行う医療機関・医師などに偏りがないかどうかなどを確認することもできるのです。

罹患率上位は長崎県、秋田県、香川県。罹患率が最も低いのは沖縄県

今回の速報によると、2016年の全部位の罹患数は99万5,132人で、部位別にみると男性では胃がん(16.4%)、前立腺がん(15.8%)、大腸がん(15.8%)、肺がん(14.8%)、肝がん(5.8%)の順に多く、女性では乳がん(22.1%)、大腸がん(16.0%)、胃がん(9.8%)、肺がん(9.7%)、子宮がん(6.6%)の順でした。

また、各都道府県別に年齢調整罹患率(地域ごとの年齢層のばらつきを調整した罹患率)をみると、全部位を合わせた罹患率が最も高いのは長崎県(人口10万対454.9)、第2位が秋田県(446.3)、第3位が香川県(436.7)となっていました。反対に、最も罹患率が低いのは沖縄県(356.3)で、その次が長野県、そして愛知県という順でした。

同速報では、部位ごとの都道府県別罹患率も集計しています。今後これらの結果をもとに分析を進めて、予防や対策に役立てることが期待されます。

とはいえ、がん対策において重要なのは、私たち一人ひとりが正しいがん予防に取り組むことです。現時点で最適とされている、科学的根拠に基づいた「日本人のためのがん予防法」(「たくさんある『がんが予防できる』という情報、どう見極めればいいの?」参照)の知識をもち、生活習慣の改善や検診受診などを心がけましょう。