よくわかる 健診・人間ドックガイド

HOME HOME

総蛋白

血液中の蛋白の量をチェック


基準値 6.5~8.0 g/㎗

総蛋白の異常に関連する病気・症状

高値:

脱水症、膠原病、感染症、肝硬変、多発性骨髄腫など

低値:

慢性的な栄養不足、慢性肝炎、肝硬変、ネフローゼ症候群など


栄養状態や全身状態を知る指標、総蛋白

 血液から赤血球などの血球成分を取り除いたものを血清といいます。血清中には100種類以上の蛋白が含まれ、各々が健康・生命維持に重要な役目を果たしています。
 多くの血清蛋白を作っている肝臓の機能が低下したり、血液中のたんぱく質を再吸収している腎臓の機能が低下すると血清中の総蛋白量も低下。また、感染症や慢性的な炎症、栄養状態を知る指標にもなります。