よくわかる 健診・人間ドックガイド

HOME HOME

MCV、MCH、MCHC(赤血球恒数)

赤血球の平均容積・ヘモグロビン量・ヘモグロビン濃度をチェック


MCVの基準値 80~98 fℓ
MCHの基準値 28~32 pg
MCHCの基準値 30~36 %

* 健診・医療機関によって若干数値が異なります。


赤血球恒数の異常に関連する病気・症状

■赤血球恒数から疑われる主な貧血

赤血球恒数 疑われる貧血
MCV MCH MCHC
基準値より小さい 基準値より低い 基準値より低い 鉄欠乏性貧血、慢性的な出血による貧血など
おおよそ基準値の範囲 おおよそ基準値の範囲 おおよそ基準値の範囲 再生不良性貧血、溶血性貧血など
基準値より大きい 基準値より高い おおよそ基準値の範囲 溶血性貧血、巨赤芽球性貧血など

貧血の種類を見当づける、赤血球恒数

 赤血球恒数の評価は、貧血があると判断された場合に行われるものです。赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリットの検査データから、赤血球の平均的な大きさ(MCV)、赤血球1個あたりの平均ヘモグロビン量(MCH)、赤血球中の平均ヘモグロビン濃度(MCHC)を算出。その数値から、どんな種類の貧血が疑われるかを判断します。


MCV・MCH・MCHCの計算式

●MCV(平均赤血球容積)

[ヘマトクリット値(%)÷赤血球数(106/㎣)]×10

●MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)

[ヘモグロビン(g/㎗)÷赤血球数(106/㎣)]×10

●MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)

[ヘモグロビン(g/㎗)÷ヘマトクリット値(%)]×100