よくわかる 健診・人間ドックガイド

HOME HOME

腹部超音波検査(腹部エコー)

超音波で腹部の臓器の様子をチェック


基準値 異常所見なし

腹部超音波検査の異常に関連する病気・症状

肝臓病(脂肪肝、肝炎など)、胆のう・胆道の病気(胆石、胆のう炎など)、すい臓の病気(膵炎、膵がんなど)、腎臓の病気(腎盂腎炎、腎結石など)


超音波の反射を画像として映し出す、腹部超音波検査

 人の耳には聞こえない高周波の超音波は、臓器や組織の境目で反射する性質があります。この性質を利用したのが腹部超音波検査です。超音波を発する装置を腹部の皮膚表面に当て、その反射波を画像化して肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など腹部の臓器・組織の様子を調べます。