文字サイズ

第15回 クリス-ウェブ佳子さん

第15回 クリス-ウェブ佳子さん

住  吉
では、エクササイズについてもお聞きします。『VERY』の7月号で佳子さんのエクササイズ方法が特集されていましたが、エクササイズを始めたのは、10ヶ月ほど前?
佳  子
はい、去年の秋ですね。
住  吉
きっかけは、先ほどの厳しい娘さんの言葉だった、と?
佳  子
彼女は読書家なので、どの言葉を言うと人が傷つくかをすごくわかっていて、語彙も多いんです。「ママ、お尻がやばいよ。溶けたアイスクリームみたいだよ」と言われて、腹が立つよりもショックすぎて…。「え、ウソでしょ!?」と鏡の前に立ったら、まあ確かにそうだよね、と。
住  吉
その言葉を機に、エクササイズを?
佳  子
ジムに行くようになり、今のジムのパーソナルトレーナーさんに会い、でも育児したり仕事したりしていると、そんなに頻繁にジムに行けないので、先生からダンベルを使った自宅トレーニングを教えていただいて、7月号ではそれをすごく細かく紹介しています。
住  吉
具体的にはどんなダンベルエクササイズなんですか?
佳  子
例えば、床に体育座りをして、背中は後ろに30度ぐらい倒して、足も30度ぐらい前にあげて、軽くVの字にします。それで、両手に1本ずつ同じ重量のダンベルを持って、音楽をかけながら右と左に大きく振るんです。足をあげるのが無理だったら、足をおろしたまま背中だけ30度後ろに反らせて、ゆっくりでいいので振ります。
住  吉
それはウエストに効くんですか?
佳  子
横のウエストに効きます。かなりくびれができます。
住  吉
“アイスクリーム尻”に効くものは何かありますか?
佳  子
アイスクリーム尻は、ダンベルを持って直立したときに、右足と左足をゆっくり交互に前に90度膝を曲げる感じで踏み出して、後ろも90度に折ります。かなり効きますよ。
住  吉
どのくらいで効果がありますか?
佳  子
自分の身体の変化に気づくのは、1週間~10日です。ご主人やお子さん等、近しい人が気づくのは、その倍の2週間。それで1ヶ月経つと周囲の人が気づくので、その気づかれたときが一番嬉しいですね。
住  吉
自宅エクササイズ以外に何か健康づくりや身体づくりで意識していることはありますか?
佳  子
私、すごくよく歩くんですが、TOKYO FMがある半蔵門から中目黒まで歩いて帰ったことがあります。
住  吉
えぇー!
佳  子
六本木から中目黒ぐらいだったらしょっちゅう歩きます。
住  吉
この暑さの中?
佳  子
暑くても寒くても。東京は一駅が短いじゃないですか。だから、代官山から渋谷まで一駅歩いたり。それを、私が生まれた島根でやったら大変なことになりますけどね。一駅が2時間ぐらいかかるので(笑) 東京は歩くのにはすごく恵まれているなと思います。
住  吉
熱中症には気を付けながら歩いてくださいね。あと、お風呂には必ず浸かる、と?
佳  子
はい。汗をかくために必ずお風呂は42℃ぐらいで、1時間ぐらい入ります。
住  吉
えー、すごい! 佳子さんは、健康と向き合う機会が多いと思いますが、健康診断には行っていますか?
佳  子
行きます。年に1回ですが、区がサポートしてくれているものに行ったり、病院に行く機会があったら、くまなくチェックしてもらったりしています。
住  吉
やっぱり日々のメンテナンスが大事ですよね。
佳  子
身体が資本ですからね。
住  吉
では最後に、佳子さんの「健康の秘密」を教えてください。
佳  子
健康の秘密は“ダンベル”です。
住  吉
佳子さんのエッセイ『考える女(ひと)』は光文社から発売中です。クリス-ウェブ佳子さん、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。皆さんは、メタボに着目した健診をご存知ですか? 内臓脂肪の蓄積や、血糖、血圧、中性脂肪等を検査します。必要に応じて改善を行えば、心臓病や脳卒中といった生活習慣病の発症リスクを減らすことができます。協会けんぽ加入者ご本人向けの「生活習慣病予防健診」を受けると、メタボのリスク数に応じて、特定保健指導が受けられます。詳しくは、協会けんぽのホームページをご覧ください。
7月20日(木)のゲストは、ボディワーカーの藤本靖さんです。次回もどうぞお楽しみに!