文字サイズ

第19回 森拓郎さん

第19回 森拓郎さん

住  吉
では実際にどういうことをやると有効なのか、伺っていきます。まずは、トレーニングからです。自宅でできる、気になるパーツ別トレーニングをいくつかご指導いただけるということですが、どういうところから始めるのが大事ですか?
下半身を鍛えるというところで、“内もも”と“お尻”が一番退化する筋肉なんです。
住  吉
内ももは確かに筋肉がないですね…。
「ワイドスクワット」というんですが、足を大きめに開いて、つま先は大体30度ぐらいの角度で。開き過ぎるとダメです。
住  吉
少しだけ外に開くんですね。
はい。それで、ひざの向きがつま先よりも外側、小指側にひざが向いているような状態で、ひざを外に外に開いていくと、お尻がだんだん落ちていきます。少しだけお尻を引くような感じで、ひざは絶対外側へ、そうすると内ももが伸びるはずです。そこからお尻をギュッと締めながら立ってください。
住  吉
ひざを小指側に開くことがすごくキツい!
内ももが弱っている人は、前ももや外側の筋肉を使いたがるんですが、ひざが内側に入ってしまうんですよ。よく「ひざを内側に入れないように」と言うんですが、それだとダメなんです。「ひざを外側に持っていく」という意識を持たないといけないんです。
住  吉
ひざを外に持っていくように意識すると、お尻も自然に締まって、ももの後ろやお尻の筋肉がギュッと…!
使われていないところが伸ばされやすくなるんですが、しゃがむというようにイメージすると、みんな前ももを使い過ぎてしまうんです。そこを使わないように、ひざを外に開くとお尻が落ちていきます。
住  吉
これを何回くらいすれば良いんですか?
最初は10回くらいできれば十分ですが、お休みしてまたやって…というのを2、3セットできれば良いです。ただ、回数を追い過ぎると回数のために雑にやってしまうので、まずは綺麗にできるかどうか、内ももがちゃんと使われているかどうかを確認しながらやってほしいです。
住  吉
そして、もう1つのエクササイズが、背中を鍛えるものということですが…「チューブローイング」?
はい。姿勢を維持するときに背中の筋肉が弱ってきてしまうので、後背部の筋肉をしっかり鍛えて、姿勢をまっすぐにする筋肉を刺激します。このトレーニングでは、スポーツ店でも売っているチューブを使います。
住  吉
ギュッと伸ばすときに力を使うものですね。
そうです。(座った状態で)そのチューブの両端を持って、足に引っ掛けて、足を伸ばすんですが、ひざは軽く曲げてください。その状態から、胸を張るようにして、後ろにグッと寄せる。胸を上にグッと上げるようなイメージで、肩を下げてください。そうすると、背中が寄るはずです。そして戻す、と。
住  吉
船を漕ぐように見えるから「チューブローイング」。
そうです。船を漕ぐときに使う筋肉です。
住  吉
普段動かせないところが動きますね。これも最初のうちは10回ぐらいやれば十分ですか?
そうです。
住  吉
「ワイドスクワット」「チューブローイング」のトレーニングを伺いました。あとは食事の方なのですが、“絶対に太る食べ合わせ”があると?
はい。まず飲み物にすごく気をつけてほしいということです。飲み物って、意外とみんな太らないと思っているんですが、飲み物は吸収が早いんです。ほぼ消化せずに直で吸収されてしまうので、フルーツジュースや野菜ジュースは結構身体に良さそうですが、糖質がベースですし、飲み過ぎるとあまり良くないですね。スポーツドリンクも、スポーツしているときなら良いですが、スポーツしていないのにスポーツドリンクを飲んでいると甘過ぎるので…。
住  吉
あとは糖質ですが、糖質制限をしないとすぐに痩せられないと思っている方には、どんな指導をしていらっしゃるんですか?
糖質と脂質を一緒にとることが良くなくて、糖質をしっかりとっていても、脂質をある程度抑えめにしていれば。糖質と脂質が合わさったファストフードは特にそうですし、ピザやラーメンは糖質で太るのではなくて、糖質と脂質が混ざっているからエネルギーが余り過ぎてしまうんですよね。例えば、お蕎麦は糖質だけども脂質が少ないから太りづらい、とか。
住  吉
選び方や食べ方によって、糖質もとって大丈夫だと。スイーツもNGではないということですね?
スイーツも、例えば洋菓子だと脂で固められているものが多いので、太りづらいものとなると和菓子の方が。ただ、同じカロリー分の和菓子を食べたら、もちろん太ります。
住  吉
どうしても糖質制限はできないという方は、選び方や食べ方でずいぶん違うんだということを覚えておくだけでずいぶん勇気が出ますよね。今日は健康と身体のスペシャリストである森さんにお話を伺いましたが、森さんご自身は、健康と向き合う機会である健康診断には行っていますか?
行っています。
住  吉
そうですよね。では最後に、森さんの「健康の秘密」を教えてください。
健康の秘密は“卵を食べる”です。手っ取り早く栄養をとれるというものが卵なので、困ったらとりあえず卵をつけておく。なので、毎食卵をつけるつもりで、最低でも1個は食べるようにしておく。トッピングに卵があったら絶対につけます。
住  吉
なるほど。森さんの著書『糖質をやめられないオトナ女子のためのヤセ方図鑑』はワニブックスから発売中です。森拓郎さん、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。日本人の4人に1人は糖尿病かその予備軍と言われています。糖尿病は自覚症状がないまま進行し、失明したり、慢性腎不全などの合併症を起こすなど、怖い病気です。糖尿病のリスクの多くは、生活習慣の改善で減らすことができます。また、協会けんぽ加入者ご本人の一般健診で、空腹時血糖を調べると、糖尿病やその予備軍であるかを見つける手掛かりになります。詳しくは、協会けんぽのホームページをご覧ください。
8月17日(木)のゲストは、沢田知可子さんです。次回もどうぞお楽しみに!