文字サイズ

第34回 山田まりやさん

第34回 山田まりやさん

住  吉
子供は好きですよね。他にも、家族で楽しむハワイを伝授していただきましょう。もう一つ、何かありますか?
山  田
「デイブ・アンド・バスターズ」というハワイ最大級のアミューズメントパークで、ゲームセンターとレストランが一緒になっている施設なんですよ。ゲームセンターは、アラモアナショッピングセンターの中にもあるんですけど、デイブ・アンド・バスターズは、スケールの大きいゲーム機が沢山あって、大人もめちゃくちゃ楽しめるんです。画面がまず大きくて、ゾンビや宇宙ものなどのシューティングゲームで、息子と一緒にチームになって戦えたり。大きいロボット同士を操縦して戦わせるようなゲームもあって、それは側で見ている人も一丸となって応援したりしていましたね。
住  吉
楽しそうですね。まりやさんはマクロビオティックセラピスト、スーパーフードマイスターなど資格を色々と持っていらっしゃるということなんですが、健康に対する考え方があるときから変わったんですって?
山  田
そうなんですよね。16年ぐらい前に1回大きく体調を崩しまして、色々とやった中で、最終的には東洋医学の鍼治療の先生に勧められて、当時まだファスティング(断食)はあまりメジャーじゃなかったんですけど、その先生が「3日間(食事を)抜いてごらん」と言ってくれたんですよ、「鍼で胃酸を抑えるツボを押してあげるから」と。私は「食べないと死んじゃうよ」って言っていたんですけど、私の場合は身体に詰め込んでいるから1回リセットしないとダメだということで、3日間絶食してみたら、びっくりするぐらい身体が軽くなりました。食事を変えたことでこれだけ身体が変わるとは、ということで、資格を色々と取ったり、勉強しました。
住  吉
食は今も相当気を遣っているんですか?
山  田
今は「レッツエンジョイ中庸ライフ」という、「行き過ぎても戻る場所を知っている」というようなことで、台所にあるもので傷が治ったり、ケミカルなものはあまり身体に入れないようにすることを実践しています。あとは、白砂糖を抜いたり。マクロビオティックでは、(白砂糖は)身体を冷やしたり緩めたり錆びさせたり、あまり良いことがないので、極力抜くようにすると。ただ、一概に毒というわけではないので…もし大量に取ってしまった時は、自分でバランスを取ったり、自分なりのお手当てみたいなものを。
住  吉
確かに“中庸”というのは大事かもしれないですね。ちなみに、白砂糖を取り過ぎた時のご自分のお手当てはどんなことをされているんですか?
山  田
「梅肉エキス」ってご存知ですか? 梅を8時間以上煮詰めたドロッとしたものなんですけど、それで血液をアルカリ性に戻してから寝たりします。あとは「梅醤番茶」という、梅と三年番茶と生姜と醤油が一緒になったものがあるので、それをぬるめのお湯に溶いて飲んだり。
住  吉
面白いですね。ハワイのライフスタイルや食にもきっとヒントがありますよね。
山  田
そうですね。ハワイって、昔は加工物だったり冷凍食品だったり、魅力的な食事はそんなになかった印象なんです。でも今は変わってきて、地産地消だったり、オーガニック、ナチュラルということを掲げていて。世界中からのお客様を受け入れることで、宗教上の理由で食べられないものだったり、アレルギーの方がいたりということもあるので。でもどうしてもハワイ=肉というイメージもあるので、たまには良いんですけど、それを毎日食べてしまうと、やっぱり日本人の体質に合わなかったり、消化が追いつかなかったりして、結局帰って来た時に疲れちゃって。帰って体調を崩すのは嫌じゃないですか。なので、今日はちょっとヘビーなものを食べたくないなという時は、「今日はお野菜を多めでお願い」と言うと、結構融通が利くお店が多いんですよ。
住  吉
レストランでも自分の好みを言ったりできますよね。
山  田
あとは、「To go」という「お持ち帰り」の文化が当たり前のようにあって、どんなに高級なレストランでもちゃんとお持ち帰りさせてくれるんです。やっぱり日本人には量が多すぎるじゃないですか。それを全部食べ続けてしまうと体調を崩す。私が体質改善をしたきっかけも、食文化の進化に対して私の身体が消化する進化が追いついていないんですって。そういうことも踏まえながら、ハワイで心地よく、自分が居心地の良いように舵を取って過ごすことをオススメしたいです。
住  吉
素敵ですね。これだけ健康ライフを実践しているので、健康診断にも行っていますか?
山  田
はい。年に1回は必ず行っています。
住  吉
では最後に、山田さんの「健康の秘密」を教えてください。
山  田
私の健康の秘密は“ハワイ”です。リフレッシュしてパワーチャージして、命の洗濯じゃないですけど、良いサイクルができます。
住  吉
そうですよね。『MARIYA'S OLU OLU Hawaii』、興味のある方はチェックしてみてください。山田まりやさん、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。日本人の死因で最も多いのは、がん。その中でも大腸がんによって亡くなる方は、年間5万人。男性では第3位、女性では乳がんよりも多い、第1位の死亡原因となっています。協会けんぽでは、加入者ご本人向けに生活習慣病予防検診をご用意しています。大腸がん、胃がん、肺がん検診が含まれており、女性は2年に1度、乳がん、子宮頸がん検診が受けられます。早期発見、早期治療のためにも、ぜひ受診してください。協会けんぽ東京支部からのお知らせでした。
11月30日(木)のゲストは、医師の松田尚久さんです。次回もどうぞお楽しみに!