文字サイズ

第42回 尾崎亜美さん

第42回 尾崎亜美さん

住  吉
ここからは、健康のことや日常生活のことを伺いたいと思うのですが、尾崎さんが手放せないものはありますか?
尾  崎
吸入器ですかね。もっと簡単なことで言うと、マスクは必需品なんですけど、もっと潤いが欲しいので…。喉の乾燥にとても弱いんですね。寝る時もマスクをしたり、口を閉じるテープも。色々と工夫するんですけど、吸入器を3種類持っていて、すごく大きなお医者さまが使うようなものもあるし、小さいものだと携帯用のものがあって、これはツアーの時も必ず手放せないというか、持っていきますね。
住  吉
身体が健康じゃないと、美しい歌を歌い続けることはできないと思いますからね。体調管理で気をつけていらっしゃることはありますか?
尾  崎
基本、身体が弱いんです。デビューの頃というのは、自分がどれぐらいの体力があるのか、どれぐらい頑張ったら次ダメになるのかというのが全く見えていなかったので、倒れてばっかりいたんです。デビューして12、3年ぐらいの間に、8回入院しているんです。
住  吉
えーっ! では、今はそれで学んできて?
尾  崎
そうなんです。だからやっぱり経験もあるので、ライブの前日は絶対にお酒は飲まないとか、色々なことですね。「今頑張れる!」と思って頑張りすぎると大変なことになる。睡眠も「大丈夫だ!」と朝まで起きるのは絶対に無理とか、そういうことで少しずつですけどだんだん自分のペースがわかってきて、そういった意味では、健康に気をつけざるを得ないと。責任がありますし、お金を払ってコンサートに来てくださって、それでも調子の悪い時もあるわけだから、せめて私はできることはやろうと思うし。「小太り健康法」とふざけて言っていますけど、小太りまでは良いんですけど、中太りになったり大太りになったりすると、また色々なところが悪くなるだろうから、お散歩をしようとかそういうことは心がけています。
住  吉
一番大事なことかもしれませんね。ちなみに、健康と向き合う機会にもなる健康診断には行っていますか?
尾  崎
行っていますね。できる限り行くようにしているし、区でいただく無料の健診があって、それにオプションを色々とつけて、色々なことを調べていただけるようにしたり、乳がんの検査であるとか、そういうものも受けるようにしています。
住  吉
では最後に、尾崎さんの「健康の秘密」を教えてください。
尾  崎
健康の秘密は“幸せ予約”です。ちょっと先の未来に楽しいことを計画するんです。それに向かって頑張っているんだということで、そのために自分は健康でいなきゃいけないし、笑っていなきゃいけないし。幸せ予約をするだけで笑顔になれるということも含めて、そういうことって、メンタルも含めて健康にはとても大事だと思うので、そういうことを心がけています。
住  吉
今の幸せ予約は何ですか?
尾  崎
91歳の母がいるんですけど、母が袋物の作家もしていて、春になったら展示会をしたいと言っているので、サポートしてあげたいし、その展示会がちゃんと行われるという絵を今頭の中で描いて頑張っています。
住  吉
尾崎亜美さん、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。まもなく、スギやヒノキの花粉が飛ぶ季節になります。花粉症の備えは万全ですか? お薬を飲んでいる方は、ジェネリック医薬品を使ってみませんか? ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ有効成分を含み、効き目や安全性が同等であると国から認められたお薬です。数ヶ月、定期的な服用が必要になる花粉症のお薬も、ジェネリック医薬品に変えると、皆さんの医療費の節約に繋がります。協会けんぽ東京支部からのお知らせでした。
1月25日(木)のゲストは、医師の大久保公裕さんです。次回もどうぞお楽しみに!