文字サイズ

第103回 TOKUさん

第103回 TOKUさん

住  吉
そうですか! ここからは健康についても伺いたいのですが、それだけ出番が多く、色んな環境で演奏したりすると、体調管理が大変なのではないかなと想像しますが、何か気をつけていることはありますか?
TOKU
デビューした頃はまだ20代だったから、次の日のことなんか考えていなかったけど、さすがに最近は次の日のことを考えるようになりましたね。ツアーの初日だったりすると、前の日は遅くまで遊んだりとかそういうことは…まあ、僕が遊ぶと言ってもお酒を飲むということはなくて、だいたいどこか友達の演奏しているところに遊びに行って、飛び入りさせてもらったり、音楽に直結することばかりなので、そんなに疲れるということはないんだけど、少しは身体自体を休めるようにして。副交感神経というやつですね。それを大事にしようと思うようになったかな。
住  吉
リラックスする時間や切り替えですね。
TOKU
そうですね。
住  吉
毎日すんなり寝られますか?
TOKU
寝つきは悪くないです。割とすぐ寝られるけど、寝た後、どれだけ深く眠っているかどうかというのは、興奮していると、ライブが終わった日、ツアー中だと影響があるかな。
住  吉
楽器を扱っていると、身体の偏り、右ばかりがこうなるとか、そういうことは大丈夫ですか?
TOKU
そんなことは考えたくないんだけど…あるんです。左手で楽器を持つでしょ。本番だけでなく練習とかでも使うので、左の肩甲骨の周りの筋肉が張ったり。それは最近すごく感じるかな。
住  吉
対処していますか?
TOKU
していますね。できるだけストレッチをしたり、左腕のひじの辺りの筋肉はくるので、そこをさすってあげたりしています。
住  吉
こればかりはしょうがないですからね。
健康と向き合う機会、健康診断には行けていますか?
TOKU
バリバリ行っていますね。
住  吉
身体が資本ですものね。
TOKU
血液検査は本当にこまめにやっていますね。
住  吉
では最後に、TOKUさんの「健康の秘密」を教えてください。
TOKU
“ストレッチ”とも言いたいんですけど…“音楽”です。
住  吉
音楽は仕事ですが、仕事を離れて聴いたりすることも楽しめますか?
TOKU
言っている意味はすごくよくわかります。前は全然平気だったんですけど、離れてみるのもいいのかもなとちょっとね。一旦マインドをクリアにするために。今まで、バケーション的なまとまったお休みを取ったことが一度もなくて、休みの日でもどこかに音楽を聴きに行ったり、吸収しにいくということをやっていて、それがずっと栄養になっていたので。でも、そればかりじゃないのもあるのかもなと思うようになってきました。一旦離れてみるのも面白いのかもなと。
住  吉
音楽がまた、より違って魅力的に響くかもしれませんね。
TOKU
そうそう、たぶんそういうことだと思う。
住  吉
TOKUさんは、5月にブルーノート東京でライブがあります。詳しくは、TOKUさんのオフィシャルサイトでチェックしてください。TOKUさん、ありがとうございました!
ここで、働くあなたの健康をサポートする協会けんぽからのお知らせです。ただいまお勤めされている加入者の皆さんに、生活習慣病予防健診のご案内をお送りしています。来月4月から3月までの年度内、お1人様1回に限り、協会けんぽが健診費用の一部を補助いたします。せっかくの健診のチャンスです。まずは受診できる全国の健診機関をチェックして、受診日の予約をお願いします。詳しくは「協会けんぽ」で検索してください。
3月28日(木)のゲストは、みいクリニック代々木 院長の宮田俊男さんです。次回もどうぞお楽しみに!