文字サイズ

第108回 成瀬浩史さん

第108回 成瀬浩史さん



【著作権について(写真の左から)】
・性感染症の予防啓発:美少女戦士セーラームーン (C)Naoko Takeuchi
・麻しんの予防啓発:マジンガーZ (C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
・薬剤耐性(AMR)対策:機動戦士ガンダム (C)創通・サンライズ
・咳エチケット啓発:進撃の巨人 (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
・風しんの追加的対策の啓発:劇場版シティーハンター (C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

住  吉
そして他にもまだありますね。『進撃の巨人』が咳エチケットの啓発?
成  瀬
こちらは、ニュースサイトだけでなく、天気情報サイトでも取り上げていただいたり、あるバス会社さんは全ての車両内にリーフレットを貼ってくださいました。交通機関が、感染症啓発の情報の発信者にもなってくださったという、とても良い事例です。
啓発は、皆さんの協力があって進むものです。医療従事者や教育機関、民間企業の方々が自主的に「啓発をしよう」と、具体的なアクションを取ってくださったことに感動しました。これらのポスターのデータは厚生労働省のWEBサイトに掲載しています。使用期限もありますが、引き続きご活用いただければと思います。
住  吉
最後に、『劇場版シティーハンター』ではどんなコラボレーションをなさっていますか?
成  瀬
昨年から、風しん患者について多く報告されています。定期の予防接種を受ける機会のなかった中高年男性が感染するケースが多く、今年からこの世代に対して追加的対策として、無料で抗体検査を受けられるようにしました。抗体が十分でない人に対しては、原則無料で予防接種を受けられるようになりました。
この追加的対策を対象男性に知ってもらうために、『劇場版シティーハンター』とコラボレーションをするように企画しました。その結果、Twitterはもちろん、NHKさんでも話題にしていただきました。その効果は、皆さんに抗体検査・予防接種を受けていただき、風しんの感染拡大が抑えられて初めて、真に効果があったと言えると思います。それも、ポスターの効果だけというよりは、追加的対策を実現させるために尽力された関係者の方々の成果だと思います。
住  吉
そうですよね。風しんなどはニュースにもなりました。色々な啓発がされていることも目や耳にしましたし、実際に近くの友達などに言うと「忙しい」「何の話?」と聞いてもらえないこともありますが、こちらも馴染みのあるシティーハンターだと興味をひきますよね。
このポスターは全て、それぞれの対象の方が自分事にするきっかけになるでしょうね。
成  瀬
やはり、症状がないと「自分には関係ない」「自分に限って感染することはない」と思うかもしれませんが、そういった人たちに少しでも「自分にも関係がある」と思ってもらえるように、このような企画をしています。
住  吉
自分事として考えるという点では、健康診断も同じですよね。
成  瀬
自分の身体は自分のものですので、健康を維持する上でも健康診断は必要なことだと思います。
住  吉
最終的に自分の身体を管理できるのは自分だけですものね。成瀬さんも健康診断は欠かさず受けていますか?
成  瀬
はい、私も健康診断は欠かさず受けています。私見とはなりますが、悪いところがないことを確認したり、悪いところがあっても早く見つけて改善するのにとても大切なことだと思っています。自分の身体の問題でもありますが、家族のためにも、健康であり続けるために必要なことだと思います。
住  吉
最後に、成瀬さんご自身が健康や元気のために心がけていること、「健康の秘密」を教えてください。
成  瀬
健康の秘密は“ツラい時の自分の逃げ場所、よりどころをつくる”です。私の場合は「絵を描くこと」なんですが、ツラいなと思う時はペンで紙にその鬱憤をぶつけて、精神衛生を保つようにしています。
住  吉
成瀬浩史さん、ありがとうございました! ここで、働くあなたの健康をサポートする協会けんぽからのお知らせです。
ただいまお勤めされている加入者の皆さんに、生活習慣病予防健診のご案内をお送りしています。4月から来年3月までの年度内、お1人様1回に限り、協会けんぽが健診費用の一部を補助いたします。せっかくの健診のチャンスです。まずは受診できる全国の健診機関をチェックして、受診日の予約をお願いします。詳しくは「協会けんぽ」で検索してください。
5月2日(木)のゲストは、慶應義塾大学名誉教授の竹中平蔵さんです。次回もどうぞお楽しみに!