文字サイズ

第122回 スティーブン・ヘインズさん

第122回 スティーブン・ヘインズさん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、マルチエンターテイナーでビューティー界のカリスマ、スティーブン・ヘインズさんです。通訳いただくのは、漆原桂樹さんです。
アメリカ、サンフランシスコ出身で、ダンサーとして来日し、パフォーマンス、マルチエンターテイナーとして活躍する一方、ミス・インターナショナルや、ミスインターナショナルクイーンのはるな愛さんなどへの、ビューティー&ウォーキング、ポージングのアドバイスなどを行い、これまで日本人4人を世界一に導いていらっしゃいます。
また、最近では「Miss Supranational Japan」(ビューティーコンテストの日本大会)を主宰されていて、こちらのナショナルディレクターも務めています。
ダンサー、パフォーマーから、美のカリスマ、美をサポートするお仕事もするようになりましたが、そのきっかけは何ですか?
スティーブン
ミス・ユニバースのナショナルディレクターをしていたイネス・リグロンさんがスカウトしてくれて、ミス・ユニバース時代に、ビューティーの指導をしてくださいと言われたことがスタートのきっかけです。
住  吉
スカウトされるということは、スティーブンさんに輝く才能を見出したということですね。
スティーブン
彼女は私のお尻を見て魅了されたんです!(笑)
住  吉
お尻!?
スティーブン
両親と恵比寿を歩いていた時に、「すごく素敵なお尻ね!」とイネスさんに言われたのがきっかけです!
そして、ミス・ユニバースの世界大会で1位になった森理世さんや、美馬寛子さんなど、色んな方たちをステージでもサポートさせていただいていたんです。
住  吉
そこからどんどんプロの道を歩まれていったんですね。
今日は、トレードマークの赤いハイヒールで登場されていますが、なぜ赤いハイヒールを履くようになったのですか?
スティーブン
女性に主に指導することが多いのですが、その時に、まず女性がいつも履いているハイヒールを履くことで女性の気持ちになる、そして、その大変な状態で色々と指導していくというのが私のモットーなんです。
住  吉
ミス・インターナショナルから一般の女性までウォーキングのレッスンを行っているとのことですが、どんな指導をされているのでしょうか?
スティーブン
ビューティーコンテストに出る方だけではなく、一般の女性も含めて指導させていただいているのですが、バランスやスタイル、立ち方の大切さ、それが動き方に繋がっていく、ということを指導しています。
あごの下に手の甲をあててT字を作って、あごを上げて立つ。そして、真っ直ぐ前を向くのが大事です。下を見て歩くと自分の足しか見えないけど、前を向いて歩くと未来が見えます。
住  吉
すごい!
今は、「Miss Supranational Japan」というビューティーコンテストの日本大会を主宰されていて、8月25日に日本代表を選出する大会があるとのことですが、こちらはどんな大会なのでしょうか?
スティーブン
「Miss Supranational」というのは、皆さんがポジティブに考えられるように、ということをモットーに出場していただいていて、国のことを思ったり、内面から美しく輝くということを伝えていく、国の代表として日本の素晴らしさを伝えていく、という大会です。