文字サイズ

第124回 Kitriさん

第124回 Kitriさん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、姉妹ユニット「Kitri(キトリ)」のお二人です。
Kitri
よろしくお願いします。
住  吉
Kitriは、姉のMona(モナ)さんと妹のHina(ヒナ)さんによる、ピアノ連弾ボーカルユニットです。2015年に、京都を拠点に音楽活動をスタートされて、大橋トリオさんのプロデュースで今年1月にメジャーデビュー。7月には2nd EP『Secondo』をリリースしたばかりです。
大橋トリオさんにプロデュースしていただいているとのことですが、プロデュースのきっかけは何だったのでしょうか?
Hina
元々、家族で大橋トリオさんのファンだったんですが、両親が大橋トリオさんのファンクラブイベントに行った際に、私たちが作っていた自主制作のCDを、父が事務所の社長さんにお渡ししたところ、それを聴いてくださって。
住  吉
えーっ! すごい!
Mona
本当に聴いてくださるんだなと、まずそこに感激して、大橋トリオさんまで届いたというのがすごくびっくりしました。
住  吉
独自のスタイル、音楽、言葉選び、歌も独特だと思うのですが、デビューやワンマンライブなどを経て、どんな反響や感想が届いていますか?
Hina
ラジオなどでたくさん流していただいているおかげで、色んな方から「聴いたよ!」とか「すごくかっこよかった!」「初めて見た!」という感想をいただいて、すごく嬉しいです。
住  吉
7月24日に2nd EP『Secondo』をリリースされましたが、今回はどんなものにしようと思って制作されたのですか?
Mona
前作がデビュー作で、私たちのデビューに向けた決意を込めていたので、今回は固定観念にとらわれない曲作りをしたいなということで、どの曲も違う個性が際立ったかなと思います。メロディだったり、歌詞だったり、曲の構成だったり、自分たちがポップミュージックと思っているものを一度忘れて、再構築するというか。そうして、自分たちの心が動く曲を作りたいなと。そこがチャレンジになったかなと思います。