文字サイズ

第145回 杏沙子さん

第145回 杏沙子さん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、シンガーソングライターの杏沙子さんです。
杏沙子
おはようございます。よろしくお願いします。
住  吉
杏沙子さんは鳥取県のご出身。2016年から本格的に音楽活動を始めて、インディーズで注目を集め、2018年にメジャーデビューされています。昨年は、NHK みんなのうたに『ケチャップチャップ』が起用されました。そして、1月15日にデジタルシングル『こっちがいい』を配信されます。
今日は「Blue Ocean」初登場ということで、杏沙子さんを知らない人のために「シンガーソングライター 杏沙子を知る3つの質問」をご用意しました。まずはそれぞれ一言でお答えください。
杏沙子
はい!

Q1 音楽を目指すきっかけとなったアーティストは?
杏沙子
松田聖子さん。

Q2 最近のお気に入り、はまっているものやことはありますか?
杏沙子
カレーです。

Q3 杏沙子さんの2020年の目標は?
杏沙子
本気。
住  吉
それでは1つ目から振り返ります。松田聖子さんがアーティストを目指すきっかけになったんですか?
杏沙子
そうですね。鳥取は車社会でどこに行くにも車だったんですけど、車の中で、母が松田聖子さんが大好きなので、小さい時から松田聖子さんの曲を聴いて育ったんです。歌詞の意味までは、小さい時はまだわからなかったにしても、曲ごとに声色が変わって、色々な人を演じて歌っていらっしゃるというのが、映画を観ているような感覚がして。松田聖子さんの表現力にすごく憧れたのがきっかけでしたね。
住  吉
それで音楽を通して表現することに興味を持っていったんですね。
杏沙子
そうですね。私も色々な声で色々な物語を歌っていきたいなと。小学校くらいから歌手になりたいなと思っていました。
住  吉
今も歌う時には、1曲1曲物語を演じているような気持ちなんですか?
杏沙子
はい。そのつもりで、松田聖子さんみたいに1曲1曲小説を手に取るような感覚で聴いてもらえるように…と思って歌っています。
住  吉
そして、最近はまっているものが「カレー」とおっしゃっていましたが、食べ歩いているんですか?
杏沙子
食べ歩くのももちろんですし、作るのもはまっています。作ると言っても、スパイスからというほどではないんですけど、グリーンカレーとか、世界で一番美味しい食べ物に選ばれたことがあるというマッサマンカレーというものがあるんですけど、そういうカレーのルーを買ってきて作ったりするのも好きです。
住  吉
なぜカレーにはまったんですか?
杏沙子
なぜでしょうね…。鳥取から東京に出てきてからはまって。身体の調子が整う気が自分の中でしていました。