文字サイズ

第147回 Micacoさん

第147回 Micacoさん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、ボディライン・アーティストのMicacoさんです。
Micaco
おはようございます。よろしくお願いします。
住  吉
Micacoさんは産後太りのご自身の経験から、独自の骨盤矯正メソッドを考案されました。それでなんとマイナス17kgを実現。その後、女性を対象としたレッスンやセミナーを行う一方で、女優さんやモデルさんのパーソナルトレーニング指導にもあたっていらっしゃいます。美しいボディラインをつくるための指南本は、シリーズ累計50万部を超えます。
そんなMicacoさんの最新刊が『脱・オバサン顔! 1分間毒出し顔トレ』。これは、マイナス15歳が実現できるという夢のような顔トレだということなのですが、まずそれをMicacoさんご自身が体現していらっしゃいますね。お肌もすごく綺麗で。50代でいらっしゃるんですよね?
Micaco
はい。52歳です。
住  吉
それでファンデーションを塗らず、ほぼすっぴんでポイントメイクだけされていると聞いたのですが、本当ですか?
Micaco
そうなんです。もう10年ぐらいファンデーションは塗っていないです。
住  吉
すごい…! でもそう見えないというか、色ムラがないし、顔色、肌ツヤもいいし…ボディラインだけではない感じがあるのですが?
Micaco
元々、骨盤矯正のボディラインを作る指導をしていたんですが、ある番組に出ている自分を見た時に「老けた…」と思って、そこから「顔も放っておいてはいけないんだ」というところから始まったんです。
住  吉
私たちの顔はなぜ年齢とともに老けて見えるのか? いわゆる“劣化”と最近は言ったりしますが、その劣化は止められたり、劇的に変えられたりするものなのでしょうか?
Micaco
変えられるんですよ、これが。
住  吉
どういう仕組みなんでしょうか?
Micaco
まず劣化してくるのは、筋肉がなくなって顔が垂れてくる。顔の筋肉なので、きちんと顔の筋トレをしてあげないと顔も垂れる。あとは、毒素が顔にへばりつくんです。特に骨の周りに。
住  吉
それは皮膚の外側ではなく、内側ですか?
Micaco
内側です。毒素がへばりついて血行が悪くなるので、顔色が悪くなったり、むくんだり、くすみが出てきます。その毒素を取ってあげて、顔の筋トレを毎日してあげると、顔は若返ります。
住  吉
今日はこの『脱・オバサン顔! 1分間毒出し顔トレ』の中から、Micaco流顔トレを教えていただきたいと思います。
まず、自分でやるんですよね?
Micaco
そうなんです。
住  吉
必要なのは、自分の指。
Micaco
あとはできれば馬油を使っていただきたくて。
住  吉
馬油!? 馬油は結構べったりしたクリーム状の油ですが…。
Micaco
そうなんです。だけど、日本人のDNAにすごく近くて。ポイントは、水を吹きかけることによって肌の中に浸透して、肌の内側からふっくらさせてくれるんです。年齢を重ねてくると、肌も痩せてきてしまうじゃないですか。でもそれをきちんと中からふっくらハリを出すという役割もあるので、馬油を使っていただくといいと思います。
住  吉
それでは、実際に教えていただきたいと思います。
Micaco
はい。まずは、馬油を顔全体につけます。今はあごと頬のラインにつけて、この上から水を吹きかけます。ポイントは、肌をマッサージするのではなくて、骨に付着している毒素を取りたいので、かなりの力を入れます。そして、毒素が溜まっているほど痛いです。
住  吉
最初はあごですか?
Micaco
はい、あごのラインがぼやついてきて、年齢が老けて見えるので、このあごのラインをしっかり出すために毒素を取ります。人差し指と中指のちょうど第1関節くらいであごを挟むように、あごの先端を右と左の手でぐっと挟みます。力加減は、滑らせるのではなくて、骨をぐっととらえるんです。そしてこのまま、1、2、3…1、2、3…1、2、3…と。
住  吉
結構痛いかも…!
Micaco
毒素が溜まっていますね。これを3回行っていきます。そうするとあごのラインがすっきりしてきます。
次ですが、頬骨の下のところを触っていただくと、骨があって、その下のところに毒素が溜まります。そうすると、このあごがぐーっと長くなってくる。年齢を重ねると、このあごのところから下に下がってくるので、ここの毒素を抜きます。
ここも両手をグーにして、第2関節で。これもあごと一緒で3回です。鼻の脇から、1、2、3…1、2、3…1、2、3…。
住  吉
痛い…。
Micaco
これを毎日、朝晩の洗顔時にやっていただくと習慣化するのでやっていただきたいんですが、3、4日やっていると痛みが消えていきます。