文字サイズ

第202回 岸谷香さん

第202回 岸谷香さん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、岸谷香さんです。
岸  谷
よろしくお願いします。
住  吉
岸谷さんは、元祖ガールズバンド「プリンセス プリンセス」のボーカルで、解散後はソロで音楽活動していらっしゃいます。育児中心の期間を経て、震災支援のため、プリンセス プリンセスを再結成。その後、ソロ活動を本格的にスタートされ、2017年にはガールズバンド「Unlock the girls」を結成。来週、ミニアルバム『Unlock the girls 3 -STAY BLUE-』をリリースされます。
震災ももちろんものすごく大変でしたし、まだまだ10年経っても色々と残っていますが、このコロナ禍がまた大変で…この1年、どんなことを考えて過ごしていましたか?
岸  谷
たぶんリスナーの皆さんと全く同じだと思いますけど、ちょうど1年ぐらい前からですよね。うちの子供たちが大きくなって、今年20歳と18歳なんですけど、大人になったのにステイホームだから幼稚園の頃みたいにずっと家にいて、それもそれで母としては楽しいなあなんて思って。私も公然とお休みなわけで、それはそれでちょっと楽しいなと心の中で思っていたんですけど、さすがにそれももううんざりしてきて…。それで、もうしょうがないな、曲でも作るか、と。だから、気づいたら去年1年間は、部屋でピアノを弾いたり、曲を作ったり…今やることは、時間があってもなくても音楽なんだな、せっかく時間があるから英語を勉強しようかなとか色々欲はありましたけど、時間がないからできないんだと思っていたことは全部やらないんだな、ということをまざまざと思い知らされました。
住  吉
そうして生まれたのが、来週リリースのミニアルバム『Unlock the girls 3 -STAY BLUE-』。Unlock the girlsは、世代を超えたメンバー編成になっています。
岸  谷
そうですね。プリンセス プリンセスを解散した時に、もう女の子のバンドは一生やらないだろうなと思って解散したんですよね。それ以上のものは絶対できないだろうから。だけどやっぱり私は、女の子のバンドが好きなんでしょうね。これは自分でもなぜかわからないんですけどやりたくてやりたくて…。それで50歳になった時に、50歳は割とターニングポイントというか折り返しで、すごく大きなポイントだなと思って、気力も体力もここからはだんだん落ちてくるし、大きな意味で目標を達成するとか大きな夢を持つとか、そういうことは最後かな…ネガティブな意味ではなくて、これも最後だなと思って。よし、もう1回新しいことをしたい、と思った時に、もう1回女の子バンドをやりたい、と思ったんですよね。女の子と言うのもちょっと図々しいですけど…女子たちと。
住  吉
メンバーの皆さんは、1989年生まれ。
岸  谷
『Diamonds』が出た年に生まれた子たちなので、プリンセス プリンセスを知らなくて。お母さんたちが聴いていたという感じで現役のプリプリを知らない子たちで…。
住  吉
どうやって出会ったんですか?
岸  谷
女の子バンドをやりたいなと言ったら、私のすごく信用している数人のスタッフが「いいメンバーがいるよ!」と口を揃えて推薦してくれたのがこの子たちだったんです。1人ではなく何人かがそう言っていたので、これはもうその人たちの意見を絶対信じようと思って、すぐ会いたいと言って、会って。でも、オーディションとかではないんです。「お願い! 一緒にやって!」という感じで始まりました。
住  吉
Yukoさん、HALNAさん、Yuumiさん。やってみて、どんな相性ですか?
岸  谷
やっぱりバンドは、1日や2日、または1年2年とかでそんなに簡単にできるものではないから、最初は、1日も早くバンドになろうと思って努力していました。
住  吉
どういう努力をするのですか?
岸  谷
ラジオで言うのはちょっと恥ずかしいんだけど…毎回リハの後に必ず親睦会というか飲み会を開いて。年齢も20歳ぐらい離れているから、向こうは遠慮するし、私も私で世代的に話が合わないかなあなんて思ってしまうこともあるから、なるべくお酒を飲んだりして話しやすい雰囲気にして、なるべく自分の思っていることを言いやすい関係に1日も早くなろうと思って。リハーサルとかスタジオにたくさん入って、ツアーをやったりしていて、やっと最近「バンドになってきたな」という気がしてめっちゃ嬉しいです。
住  吉
それでコロナ禍なので、今はなかなか会えなくて…。
岸  谷
そうですね。去年、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止になってしまって、ものすごく残念で悔しかったんですよね。それで、みんなで会いたいし、ツアーをやりたいという…会えなかった時間が愛を育てるというような感覚があって。去年は、このアルバムのレコーディングはできたんですけど、とにかくツアーができなかったので、去年の終わりにやっとライブができた時に、本当に良い演奏ができて! 会いたくて、やっと会えたカップルのような…。
住  吉
色々な経験がバンドを育てるんですね。
岸  谷
私もそう思いました。練習だけじゃない、と。